アドエビス、特定のユーザー行動をマーケティング成果として可視化できる「シナリオコンバージョン」機能を提供

ロックオンのアドエビスが効果測定やアトリビューション分析に活用できる機能を追加
岩佐 義人(Web担 編集部) 2018/6/20 7:00

Eコマース関連ソフト開発のロックオンは、同社のマーケティングプラットフォーム「アドエビス」をバージョンアップし、6月18日より「シナリオコンバージョン」機能を提供開始する、と同日発表した。シナリオコンバージョンは一連のユーザー行動をコンバージョン(マーケティング成果)として広告の効果測定やアトリビューション分析に活用できる。

アドエビスは、従来からカスタマージャーニー分析などの分析機能を活用することにより、ユーザー行動の可視化に努めてきた。シナリオコンバージョンでは分析によって明らかになったユーザー行動を登録し、コンバージョンとして個別に設定できるようになる。

期待するユーザー行動をアドエビスに設定することにより、明確なコンバージョンポイントが存在しないブランドサイトにおいても、ユーザー行動を基準として、コンバージョン数をレポートすることが可能となる。取得したデータは、アトリビューション分析やカスタマージャーニー分析など、人工知能(AI)を用いたクロスデバイス機能においても活用でき、様々なシーンでのマーケティング効果検証を実現する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

1組織1ドメイン名の原則
1つの組織に対して1つのドメイン名のみを認めるという原則。「go.jp」(政府組 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]