アドエビスとSmart Canvasが連携開始、動画・バナー広告のアトリビューション分析が可能に

ロックオンとヒトクセが両社のプラットフォーム、アドエビスとSmart Canvasを連携
よろしければこちらもご覧ください

Eコマース関連ソフト開発のロックオンと、インターネット広告のヒトクセは、ロックオンのマーケティングプラットフォーム「アドエビス」とヒトクセのリッチメディア広告プラットフォーム「Smart Canvas」を3月20日から連携開始する、と同日発表した。Smart Canvasとの連携により、20社以上の広告媒体における動画・バナー広告のインプレッションデータを用いたアトリビューション分析がアドエビス上で可能になる。

アドエビスとSmart Canvasの連携により動画・バナー広告の閲覧がユーザーへ与える態度変容を分析・評価できるようになる。計測したデータを活用し、動画視聴後に検索行動へリフトしたユーザーの割合や、バナー閲覧がコンバージョンに与える影響を数値化したビュースルーコンバージョンの可視化など、インプレッションを軸とした広告評価が可能になる。アドエビスのオプションサービスと組み合わせることで、分析結果を用いた広告やメール配信や調査のセグメント条件としても活用できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]