KCCSの広告配信プラットフォーム「KANADE DSP」がリッチメディア広告の配信に対応

ヒトクセのリッチメディア広告プラットフォーム「Smart Canvas」と連携して可能に
よろしければこちらもご覧ください

京セラとKDDIが出資するICT(情報通信技術)の京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、同社の広告配信プラットフォーム「KANADE DSP」が動画広告をはじめとしたリッチメディア広告の配信に4月16日対応した、と同日発表した。インターネット広告事業のヒトクセが提供するリッチメディア広告プラットフォーム「Smart Canvas(スマートキャンバス)」と連携した。パソコン、タブレット、スマートフォンに配信できる。

動画やアニメーションを活用すると、静止画より多彩な表現が可能。商品のイメージを明確に伝えることで効果的にブランドや商品の認知度向上、興味喚起を図る。Smart Canvasはリッチメディア広告の制作、配信、分析ができるプラットフォーム。KANADE DSPは、ユーザーごとの興味・関心に合わせて広告をパーソナライズしたり、潜在顧客を抽出してサイトへの訪問を促す機能、狙ったセグメントの認知を促進する機能がある。

京セラコミュニケーションシステム
http://www.kccs.co.jp/

KANADE DSP
http://www.kccs.co.jp/kanade/dsp/

ヒトクセ
http://hitokuse.com/

Smart Canvas
http://smartcanvas.net/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]