ヒトクセ、静止画バナーのクリック箇所を可視化するヒートマップツールを提供開始

クリックエリア分析で「なぜクリックされているか」で改善を進めることが可能に
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のヒトクセは、静止画バナーのクリックエリアを可視化するヒートマップツールの提供を6月16日に開始した、と同日発表した。これまでの広告配信では、どのクリエイティブのクリック率が高いかなどの情報しかわからなかった。ヒートマップツールを使うことにより、クリエイティブがクリックされたエリアを分析することで「なぜクリックされているか」という軸で改善を進めることが可能になる。

ヒートマップツールは、広告配信した静止画バナーにおいて、クリック位置を可視化することができる。クリック位置だけでなく、表示してから何秒後にクリックしたかも可視化できるほか、Retinaディスプレイに対応した高解像度バナーにも対応している。ヒートマップツールの導入は、ヒトクセのリッチメディア広告プラットフォーム「Smart Canvas」の管理画面を通じて行う。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]