生活者の気持ちに合った動画広告を自動配信する「FIT AD」、ヒトクセなど4社が共同提供

あらゆるアンビエントデータを取り入れ、ターゲットの気分にフィットする広告を配信
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のヒトクセ、映像コミュニケーションのスティーブンスティーブン、博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂の4社は、共同でさまざまな環境(アンビエント)データを取り入れ、生活者の気持ちに合った動画広告を自動で配信するデジタルアドサービス「FIT AD」を開発し、9月15日に提供を開始する、と同日発表した。FIT ADは、ニュースキーワード、検索トレンド、テレビ番組情報、天候などあらゆるアンビエントデータを取り入れ、ターゲットの気分にフィットする広告配信を行う。

FIT ADは、ヒトクセとスティーブンスティーブンの2社が協同で開発と運用を行い、博報堂が各配信に最適な広告クリエイティブを制作。博報堂DYメディアパートナーズが独占して販売する。動画バナーをアンビエントデータに応じて各DSPに第三者配信する。FIT ADの活用により、生活者の気分が変わるタイミングに連動して、気分に合わせたクリエイティブを配信することで、広告メッセージの受容度が向上するという。

ヒトクセ
http://hitokuse.com/

スティーブンスティーブン
http://www.stst.co.jp/

博報堂DYメディアパートナーズ
http://www.hakuhodody-media.co.jp/

博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フジツボ式SEO
主にローカルSEO(地域限定ビジネス向けのSEO)において、顧客にとって印象的だ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]