博報堂DYメディアパートナーズ、DAC、マガジンハウスなどが共同で地域振興目的のコンテンツマーケティングソリューションを提供

提供する「Local Marketing Studio」は地域振興のコンテンツマーケティング支援が目的
岩佐 義人(Web担 編集部) 2018/10/9 7:00

博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂アイ・スタジオ、インターネット広告のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、マガジンハウスと共同で地域振興のためのコンテンツマーケティング支援を目的としたソリューション「Local Marketing Studio」の提供を開始する、と10月4日発表した。

博報堂DYメディアパートナーズなど3社のコンテンツマーケティング支援チーム「#SHAKER」がソリューション提供の母体となり、パートナー企業のソリューションを活用した統合的なコンテンツマーケティングを実践できる体制で地域振興支援を行う。

地域情報は、各所に散在しており魅力的なコンテンツをマーケティング活用できていないのが現状となっている。課題解決のために、#SHAKERではマガジンハウスと共同で、地域の魅力を発信したい行政や企業向けに、情報発信戦略の立案から施策の実施までを統合提案するソリューションLocal Marketing Studioを開発した。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ステークホルダー
消費者や投資家、顧客企業など企業を取り巻く利害関係者全体を示す。 他に、産 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]