1000人の学生へ「さくらのレンタルサーバ」とドメインを無料提供する情報発信支援プロジェクト開始

さくらインターネットとデジタルハリウッドが連携し、クリエイターの情報発信を支援
よろしければこちらもご覧ください

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、デジタルコンテンツの人材養成スクールを運営するデジタルハリウッドと連携し、9月16日よりクリエイターの情報発信を支援する「オープンクリエーションプロジェクト」を開始する、と同日発表した。サーバーはデジタルハリウッドの学生1000人を対象に「さくらのレンタルサーバ」スタンダードプランと「.jpドメイン」を1年間無料で提供する。提供対象は順次拡大し、最終的には2000人の学生への提供を目指すという。

オープンクリエーションプロジェクトは、ソーシャルメディアの広まりにより、個人のクリエイティブに注目が直接集まる機会が増え、ビジネスへの発展にもつながる事例が珍しくなくなっていることから、自ら活躍のチャンスをつかめるクリエイターの育成を目的に、デジタルハリウッドはオンラインでのセルフブランディングのノウハウを、さくらインターネットはWebサーバーの知識とサーバーを提供し、勉強会も共催していく。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp/

デジタルハリウッド
http://www.dhw.co.jp/

オープンクリエーションプロジェクト
http://www.dhw.co.jp/opencreation/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]