IMJ、マーケティング投資最適化ソリューション「ThinkVine」日本語版の提供を開始

複数のマーケティング投資計画から得る売り上げとROIを正確に予測可能
よろしければこちらもご覧ください

Webインテグレーション事業のアイ・エム・ジェイ(IMJ)のMarketing & Technology Labs(MTL)は、米ThinkVine社のマーケティング投資最適化ソリューション「ThinkVine」の日本語版の提供を開始する、と10月30日発表した。ThinkVineは複数のマーケティング投資計画から得る売り上げとROI(費用対効果)を正確に予測することができる。

ThinkVineを導入したアメリカの企業では、マーケティングROIが平均30%の増加を見込む結果を得ているという。MTLでは、2012年からThinkVineを利用したマーケティング投資最適化ソリューションを提供している。ThinkVineの日本語化に伴い、日本企業へのサービスをさらに強化・拡大し、特定のメディアに偏らない第三者的な評価・分析を行うことで企業のマーケティング投資最適化の実現を支援していく。

アイ・エム・ジェイ
http://www.imjp.co.jp/

IMJ Marketing & Technology Labs
http://www.mtlabs.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]