IMJ、マーケティング投資最適化ソリューション「ThinkVine」日本語版の提供を開始

複数のマーケティング投資計画から得る売り上げとROIを正確に予測可能
岩佐 義人(Web担 編集部) 2013/10/30 23:36

Webインテグレーション事業のアイ・エム・ジェイ(IMJ)のMarketing & Technology Labs(MTL)は、米ThinkVine社のマーケティング投資最適化ソリューション「ThinkVine」の日本語版の提供を開始する、と10月30日発表した。ThinkVineは複数のマーケティング投資計画から得る売り上げとROI(費用対効果)を正確に予測することができる。

ThinkVineを導入したアメリカの企業では、マーケティングROIが平均30%の増加を見込む結果を得ているという。MTLでは、2012年からThinkVineを利用したマーケティング投資最適化ソリューションを提供している。ThinkVineの日本語化に伴い、日本企業へのサービスをさらに強化・拡大し、特定のメディアに偏らない第三者的な評価・分析を行うことで企業のマーケティング投資最適化の実現を支援していく。

アイ・エム・ジェイ
http://www.imjp.co.jp/

IMJ Marketing & Technology Labs
http://www.mtlabs.jp/

用語集
ROI / マーケティング / 投資 / 支援 / 日本語版 / 最適化 / 第三者 / 費用対効果
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SLA
サービスをどの程度の品質で提供するのかを定めた契約のこと。 主にASPやS ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]