ワイヤーサービス とは 意味/解説/説明 【Wire Service】

略語/フルスペル/訳語

Wire Service

プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メディアに掲載する広報通信サービス。日本では配信だけを行うサービスも多い。

元は、報道機関にニュース情報を提供している通信社が、電話回線などを使って企業のリリースを配信していたため「ワイヤー」と呼ばれている。

リリース配信先をサービス事業者が最新のものに保ってくれることや、リリース掲載によってリンクが増えることが、サービス利用のメリットだといわれている。

この記事が役に立ったらシェア!

用語「ワイヤーサービス」が使われている記事の一覧

全 6 記事中 1 ~ 6 を表示中

PR 2.0の現場から

次々に新しい手法に取り組む熱意と工夫が呼んだ成果/Z会の場合

いまの若い人たちにとってZ会といえば「Z会ブログ」というほど、オンラインでの存在感を増しています。

残席わずか! PRと検索エンジンマーケティングで世界市場を切り開くグローバルweb PR戦略 12/18東京

海外プレス配信と検索エンジンマーケティングを活用した実践的なセミナー

PRと検索エンジンマーケティングで世界市場を切り開くグローバルweb PR戦略 12/18東京

海外プレス配信と検索エンジンマーケティングを活用した実践的なセミナー

残席わずか! PRと検索エンジンマーケティングで世界市場を切り開くグローバルweb PR戦略 12/18東京

海外プレス配信と検索エンジンマーケティングを活用した実践的なセミナー
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]