日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

たまごカート plus+の販社スタークスをTEMONAが設立 ファインドスターと共同で

約2年間でシステム導入社数1000社、導入社の年間流通総額1000億円を目指す。

EC向けシステム開発のTEMONA(テモナ、本社東京都、佐川隼人社長)はこのほど、提供するリピート通販専用のショッピングカート付き通販システム「たまごカート plus+(プラス)」の販売会社を設立し、1月から事業を開始した。約2年間でシステム導入社数1000社、導入社の年間流通総額1000億円を目指す。

販売会社はスタークス(本社東京都、上ノ山慎哉社長)。通販向け広告代理業のファインドスターと共同出資で設立した。

スタークス株式会社

「たまごカート plus+」の導入社数は現在約250社。ファインドスターは700社に及ぶ通販会社のマーケティング支援を行っている。

両社ともリピート通販に特化した支援事業を展開しており、連携により導入会社に幅広い提案ができるようになるとしている。

・スタークス株式会社
http://starx.co.jp/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセシビリティ
広義には、障害者、高齢者を含むすべての人間が、同じレベルでサービスや機器、施設を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]