日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

ロコンドがアパレルを本格化 イーハイフンやデシグアルなど 16年に1000ブランドへ

13年春夏シーズンまでに100ブランドまで取りそろえ、16年度までに1000ブランド超の販売を目指す

靴のECを手掛けるロコンド(本社東京都、田中裕輔社長)は5月22日、アパレル製品の販売を本格展開すると発表した。同日からスペインのアパレルブランド「Desigual(デシグアル)」など3ブランドを追加。13年春夏シーズンまでに100ブランドまで取りそろえ、16年度までに1000ブランド超の販売を目指す。

デシグアルはスペインのカジュアルブランドで、昨年12月に国内初の店舗を都内にオープン。今年4月には大阪にも店舗を開き、これまで10店舗以上を構えている。ECで同ブランドを取り扱うのはロコンドが初めて。

ロコンドはデシグアルと業務提携を結び、今後はマーケティングなども共同で展開する。

デシグアルのほか、女性向けアパレルの企画などを手掛けるクロスカンパニー(本社岡山県)の商材も取り扱いを開始した。

「ロコンド」は、11年2月に靴の通販サイトとしてオープン。同年7月にバッグの販売を開始し、バッグは全売り上げの15~20%を占めている。

・ロコンドのアパレルコーナー
http://www.locondo.jp/shop/category/apparel/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]