日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

高島屋とセレクトスクエアが連携強化へ 会員登録共通化・あわせ買い促進など

サイト間をまたいでまとめて商品を購入できるようにして、「あわせ買い」を促進していく

高島屋は昨年6月に買収したセレクトスクエア(本社東京都、属健太郎社長)との連携を強化する。現在、高島屋のECサイトとファッションECサイト「セレクトスクエア」はそれぞれ会員登録が必要となっているが、今年中に共通化する。サイト間をまたいでまとめて商品を購入できるようにして、「あわせ買い」を促進していく。

商品仕入業務も一本化する。セレクトスクエアが得意な30代までのカジュアル衣料については、セレクトスクエアが担当し、高島屋は40代以上の女性向け衣料を手掛ける。サイト間の商品の重複を避けるとともに、業務の合理化を図ることができるとしている。

買収した時からいかに合理化を図っていくかを考えてきた。すでに仕入れなどについては動き始めており、徐々に体制を入れ替えていく」(高島屋クロスメディア事業部・小林充氏)と話す。

高島屋は今年2月にクロスメディア事業部の部長にセレクトスクエアの属社長が就けており、ECサイトの強化を進めている。

・高島屋オンラインストア
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/

・セレクトスクエア
http://www.selectsquare.com/

よろしければこちらもご覧ください

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

CVR
顧客転換率。購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標。 CVR ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]