日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

セレクトスクエアが買取開始 コメ兵と連携で 他社より高くポイントで買い取り

ポイントは査定したアイテムに応じて、最大120%還元する。

ファッションECサイト「セレクトスクエア」を運営するセレクトスクエア(本社東京都、属健太郎社長)は5月23日、ブランド品や古着を買取販売するコメ兵(本社愛知県、石原司郎社長)と提携し、不要なファッションアイテムの買い取り額を「セレクトスクエア」内のポイントと交換するサービスを開始した。ポイントは査定したアイテムに応じて、最大120%還元する。ファッションアイテムを買い取ることで、収納スペースを作るとともに、自社ポイントによる顧客の再購入を促す。

新サービスは「古着やブランド品のポイント上乗せ交換サービス」。「セレクトスクエア」の買い取り専用ページから不要なファッションアイテムの査定を申し込むと、通常の買取価格よりも上乗せされたポイントに交換する取り組み。上乗せされるポイント原資は両社が負担する。付与されたポイントは「セレクトスクエア」で商品を購入する際に使用可能で、サイト外で購入したアイテムも査定の対象になる。

通常よりも高く買い取ることで、新規顧客の獲得につなげる考え。コメ兵は良質なアイテムを買い取る場を増やし、コメ兵の店頭やオンラインショップで販売する商品の供給元としたい考えだ。

ファッションECサイトと買い取り事業者との連携は、スタートトゥデイが11年5月にアパレル買取のクラウンジュエル(本社東京都)を買収し、「ZOZOTOWN」ユーザー向けのポイント買い取りを開始している。マガシークは10年5月にブランド品買い取りのトレジャー・ファクトリー(本社東京都)と連携し、マガシークポイントでの買い取りを開始している。セレクトスクエアは後発だが、買い取り額を高めることで、ユーザーの獲得を狙う。

・セレクトスクエア「古着やブランド品のポイント上乗せ交換サービス」
http://www.selectsquare.com/mall/common/static.jsp?inc=komehyo

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]