TikTok広告の特徴とは?出稿の注意点や種類別に参考事例を解説! | VIDEO SQUARE

VIDEO SQUARE - 2023年3月29日(水) 12:57
このページは、外部サイト VIDEO SQUARE の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「TikTok広告の特徴とは?出稿の注意点や種類別に参考事例を解説!」 からご覧ください。


今では多くのWeb広告やSNS広告が活用されるようになっており、なかでもTikTok広告は10代〜20代をターゲットに大きな影響を与えています。

本記事では、ブランディングやプロモーションに課題があり、TikTok広告を活用してみたいという方に向けて、広告出稿時の注意点や参考事例をご紹介いたします。

あまりTikTokに馴染みがないという方でも理解していただける内容なので、是非最後までご覧いただけたら幸いです。

TikTokとは

TikTokとは、ショート動画をメインコンテンツとしたSNSです。隙間時間でも気軽にエンターテインメント性のある動画を見れることが人気の最大の理由でしょう。
国内では、TwitterやInstagramなどがまだまだ主流ですが、海外では大きな影響力を持っており、世界中で人気のSNSです。
もちろん日本国内でもこれからますますユーザーが増え、TikTokに参入する企業も増えています。

TikTokのユーザー層は10代〜20代

先ほど触れたように、TikTokの特徴は手軽なショートムービーを楽しめることです。その特徴から幅広いユーザー層に利用されていますが、特に10代〜20代の若年層がメインユーザーとして利用しています。

日本の主なTikTokのユーザー層

  • 10代:約17%
  • 20代:約22%
  • 30代:約23%
  • 40代:約25%
  • その他:約13%

国内ユーザー数も1690万人(2021年時点)を突破し、更にユーザー数を伸ばしています。

TikTokの特徴とは?

エンターテインメント性の高いショートムービーが若者にうけしているTikTok。
既存のSNSの場合、Twitterであれば文章、Instagramであれば画像、YouTubeであれば5分以上の動画など各媒体には特徴がありますが、TikTokはそのどれとも被らない新世代のSNSといえます。
2020年移行から参入する人がどんどん増えてきて、今では宣伝やブランディング目的で活用する企業も増えています。

BGM付きのショートムービー形式の広告

TikTokの広告は、BGM付きのショートムービーが流れます。広告感が少なく、他のコンテンツよりも広告が飛ばされにくいことが強みの一つです。
画像やテキストの広告と比べても、ショートムービーの広告は嫌悪感なくコンテンツの続きで視聴できます。TikTokのオリジナルBGMも使用することができるので、アピールしたいサービスに合うようなイメージ音楽を一緒に配信することも可能です。

ユーザー反応を得やすい

TikTokの性質上、広告を音声付きかつ全画面で視聴しているユーザーが多い傾向にあります。また、常に新しいコンテンツを探す意識で視聴しているので、TikTok広告も関心を持たれやすく、ユーザーの反応も得やすいです。
以前までは一部の業種のみがTikTok広告を利用していましたが、その反応率の高さから今では、アサヒビールやドミノピザ・ほっともっとなどさまざまな企業が活用しています。

ほかのSNSに拡散してもらうことができる

TikTokには他SNSへの共有機能があり、1タップで拡散することができます。
TikTokに広告を出すことで、TikTokユーザーに興味を持ってもらい集客に繋がるだけでなく、他SNSに拡散されることで普段TikTokを利用していないユーザーにまで商品や企業の宣伝を行うことが可能です。
TikTokしか利用していないというユーザーは少なく、大半は他SNSと併用しているのでターゲット層に合わせた媒体へ発信する工夫は重要です。

TikTokに広告を出すメリットとは?

TここまでTikTokが宣伝やブランディングに効果的なSNSの一つであることはご理解いただけたかと思いますが、広告先としてどういったメリットがあるのか知っておくことでより他媒体と比較しやすくなります。

TikTok広告を利用するメリットは大きく4つあります。

TikTok広告を利用する4つのメリット

  • 1. 短い動画で多くの情報を伝えられる
  • 2. ターゲットに合わせて広告を配信できる
  • 3. 若い世代にアピールできる
  • 4. ほかのSNSよりも購買行動に繋がりやすい

それぞれ解説していきます。

1. 短い動画で多くの情報を伝えられる

TikTok広告はショートムービー型なので、他のSNS広告やWeb広告と比べて多くの情報を伝えることができます。
情報をテキストで伝える場合と比較すると、画像であれば約7倍、動画であれば約5000倍の情報を伝えることが可能だといわれています。
情報にあふれた現代社会では、短い時間で多くの情報を伝えることは広告にとってとても重要な要素です。

2. ターゲットに合わせて広告を配信できる

2つ目のメリットは、ターゲティング精度が高いことがあげられます。
広告配信をする際、興味のないユーザーに表示してもコンバージョンまで辿り着く可能性は低いので、なるべくターゲット層へ表示するのが基本の戦略です。
TikTok広告では、ユーザーの基本情報・通信環境・興味関心・カスタマイズ情報など露出したいユーザーへ直接的に広告を打ち出すことができます。更に、アプリ内行動も把握しているので、より戦略的な広告配信も可能です。
このようにターゲティングの自由度の高さから効率のよい広告運用が可能な点が2つ目のメリットです。

3. 若い世代にアピールできる

メインユーザーが10〜20代のため、若年層への宣伝効果は他のSNSと比較して大きな魅力のひとつです。
TikTokで配信されている動画のジャンルは、ダンスや音楽・エンタメといった若い世代でも分かりやすく受け入れられやすい内容が多い傾向です。
扱ってる商品やサービスが若い世代をターゲットとした商材の場合は、より効果的です。

4. ほかのSNSよりも購買行動に繋がりやすい

「TikTok売れ」という言葉を耳にするほど、TikTokは他のSNSと比べて購買行動に繋がりやすいことが特徴です。
その要因の一つには、視覚・聴覚といった五感に訴求できる点があげられます。
たとえば焼き立てのピザの広告を配信する場合、文章では特徴や名前しか伝わらず、画像でもワンシーンしか伝わりません。しかし、ショートムービーであれば短い時間でピザが焼きあがる音やチーズが伸びるシーンなどを流して五感に訴えかける広告を配信することができます。
他のSNSで拡散されやすいTikTokの特徴から、TikTokを起点に商材を知り、InstagramやYouTubeで更に詳しく知って購買に繋がるといったパターンもあります。
このようにTikTokの特徴は購買行動に繋がりやすい点がメリットといえます。

TikTok広告で実現できる3つのこと

TikTok広告ではリーチプロダクト・ハッシュタグチャレンジ・ブランドエフェクトという3つの方法で様々なビジネス効果を見込むことができます。
主な目的は、

  • ユーザーに知ってもらう
  • 拡散性の向上
  • 「ブランドベネフィット」の体験

などです。

リーチプロダクトで商品やブランドの認知度を高められる

TikTokでは、認知を獲得するためのプロダクトがあり、4種類の方法で商品やブランドの認知度を高めることができます。

Top View

1日1社限定の起動画面枠になります。
アプリ起動時から最初のインフィード動画として配信される全面クリッカブルの縦型フル画面動画広告です。
60秒まで見てもらえるという効果の高さがポイントで、1日約500万リーチが期待できます。

起動画面広告

1日1限定の起動画面枠となり、アプリ起動時に必ずファーストビューとして表示されます。
多様な表示形式に対応しており、静止画も可能な縦型フル画面広告です。Top Viewとの違いとして、音声は再生されないのが特徴です。

Brand Premium

ユーザーが見ているフィードに出てくる動画広告です。さまざまな露出でユーザーとの関係性を深め、コンバージョンに繋げます。
最大60秒の動画を音声付きで配信できます。動画からランディングページに飛ばすこともできるため、ユーザーの興味を惹きいてページ遷移させることも可能です。

One Day Max

1日のみ、ユーザーが初接触するインフィード広告です。自然な形でコミュニケーションが取れるため、視聴やクリックをされやすいのが特徴です。

ハッシュタグチャレンジでUGCによる拡散を期待できる

ハッシュタグチャレンジはユーザーの声をより多く集め、拡散させる施策としてとても有効です。
広告のような一方的なコミュニケーションではなく、ユーザー主体のコミュニケーションを誘発できるため、より訴求力の高い手法です。
主な効果を紹介します。

認知獲得向上

大量のユーザーによる声が、TikTok上で拡散されることにより、ブランドの認知度が向上します。
UGCの例として、手書きでカラフルな吹き出しを作ってブランドへの感想を書くなど、メッセージカードのような加工がよく見られます。

興味関心の獲得

ブランド体験や共感から、ブランドに関する興味関心を促進します。
ブランドを実際に使用していただいたユーザーのレビューなど消費者目線での感想が、他ユーザーの興味関心に繋がるようにハッシュタグチャレンジを企画するのがポイントです。

購買意欲の醸成

動画を自分で投稿したり、UGC投稿を見たりすることでブランドに寄与する体験が生まれます。
ブランドについてより深く知ったり気分を味わう体験が増え、購買意欲を促進することができます。

ブランドエフェクトで商品や世界観を疑似体験してもらえる

TikTokのエフェクトは、最先端テクノロジーによって2D・3D・4D・ARなど様々なクリエイティブコンテンツを作成できます。
その機能でブランドの世界観や商品の使用感への興味を惹くコンテンツが作れるので、ブランディングに効果的です。
たとえば若い女性向けの化粧品を宣伝する場合、ターゲットとなる若い女性に人気のクリエイターに、商品を持ってエフェクトで可愛く写る動画を投稿してもらうことで、化粧品の良さやブランドの世界観を効果的にアピールすることができます。
その時、シンプルな動画よりも若い層の興味を惹きやすい派手なエフェクトや可愛く盛れるエフェクトを使うことで動画を見てもらえる確率が高められ、若い女性が持つ悩みに上手く訴求できれば、共感につながり購買や口コミに繋がりやすくなります。

TikTok広告の活用事例

ここからは、TikTok広告の活用事例を紹介させていただきます。
これから解説する広告はTikTokならではの躍動感あふれる広告となっているので、参考になるかと思います。
インフルエンサーを起用した動画の拡散・演出があることで広告と思わせないようなプレミアム感のあるリーチプロダクトプロセスなど、幅広い事例があります。

リーチプロダクト

先ほどご紹介した、TikTok広告でできる3つのことのうち、まずリーチプロダクトについてご紹介します。
ちなみに「リーチ」とはマーケティング用語で自社の広告を見たユーザーの数を指します。
TikTokによるリーチ獲得は、Top View・起動画面広告・Brand Premium・ハッシュタグチャレンジの4つです。
それぞれに強みがあるので事例を交えながら紹介いたします。

Top View:広告出稿のリピート率58%!満足度の高いパフォーマンスを誇る「TopView」広告


出典:TikTok for Busines
Top Viewを活用して成功した事例はご存じの方も多い、ブルボン「アルフォート」のキャンペーンです。この事例では、TVCMの素材をスマホ世代にも届けるという目的でTikTok広告のTop Viewが活用されました。Top Viewの特徴として、縦型全画面広告ということです。
縦型全画面による広告効果は横画面よりも高く、ユーザーによりアプローチできる手法といえます。
広告配信後の調査では、スキップできる広告にもかかわらず平均視聴時間を超え、認知度も高い施策です。

Brand Premium:縦画面・フルサイズに編集し好意度と購入意向がアップ!【サントリークラフトボス】


出典:TikTok for Busines
おすすめフィードに表示されるBrand Premiumを活用した事例としては、サントリー食品インターナショナル株式会社の「クラフトボスTEAシリーズ」新商品「クラフトボスストレートティー」。
Brand Premiumは、ユーザーがTikTokを楽しむ時間をさえぎることなく表示できるので、飛ばされづらく、商品訴求やブランディングに効果があります。
実際に本施策でも、ファネルの深いところ(好意度や購入意欲など)が向上する結果となっています。

ハッシュタグチャレンジ

TikTok広告には、「#Challenge(ハッシュタグチャレンジ)」と呼ばれるユーザー参加型広告があります。
TikTokでのハッシュタグチャレンジはティックトッカ―やインフルエンサー・芸能人などの起用もしやすい施策です。
ハッシュタグチャレンジでは、ユーザーに指定したハッシュタグをつけたオリジナル動画を作成するように促すことで、動画作成者の影響力をそのまま活かしたPRが可能です。
このようにハッシュタグチャレンジは、ユーザーも巻き込み、一緒に施策を盛り上げていく点が特徴です。

ハッシュタグチャレンジ:メイベリンがアジア地域でのハッシュタグチャレンジを実施


出典:TikTok For Business
ハッシュタグチャレンジを活用した1つ目の事例は、日本ロレアル株式会社の化粧品Brand「MAYBELLINE NEW YORK」の新色をテーマにTikTok初のアジア地域でのハッシュタグチャレンジ「 #落ちないリップチャレンジ」です。
メイベリンニューヨークには「アイ」「フェイス」「リップ」の3カテゴリーがありますが、「アイ」のマスカラは市場No.1を獲得し、『マスカラといえばメイベリン』というブランディングに成功しました。
自分のメイクを見せることは、メイク前からメイク後に切り替わる演出が発生することでギャップにより、商品の力が問われますが、これが若年層の女性に大ヒットしました。
この背景にはTikTokのメインユーザーである10〜20代の女性に興味を持っていただけたことが大きな要因としてあります。

ハッシュタグチャレンジ:広瀬すずさんがTikTok動画に初挑戦!「#AGCチャレンジ」


出典:TikTok For Business
続いて、AGC株式会社の公式動画としてTVCMキャラクターの広瀬すずさんもチャレンジに参加した「#AGCチャレンジ」です。
AGCは、ガラス・化学品・電子・セラミックスなど様々な素材を扱う会社です。
広瀬すずさんを起用することで同年代の女性やファンである男性層に幅広い認知を獲得することができました。
また、社名の「A」「G」「C」を使った動画作成にユーザーを巻き込むことで素材の会社AGCという新しいフレーズを多くのユーザーに浸透させました。

ハッシュタグチャレンジ:Fit’sとNiziUがダンスでコラボ! 「#フィッツダンスチャレンジ」開催


最後は大人気のグローバル・ガールズグループ「NiziU」が株式会社ロッテ「Fit’s」の商品リニューアルに合わせてコラボ動画を出したキャンペーンです。
TikTokは先述の通り、ダンス・音楽などと相性が良く、更にNiziUは若年層を中心に人気があるグループということもあって多くのユーザーが楽しんで参加できる企画となりました。
プレデビュー曲「Make you happy」やデビュー曲「Step and a step」など、ファンでなくても一度は耳にしたことがあるような曲が選ばれたこともあり、「Fit’s」の世界観である楽しさも多くの人に体感できる施策となっています。

ブランドエフェクト

TikTokでは、ブランドエフェクトによるキャンペーンも可能です。
エフェクトやフィルター・スタンプなど企業が作成した独自のクリエイティブをユーザーに提供し、実際に使用してもらう過程でPRに繋げます。
ブランドエフェクトによって提供可能なバーチャルブランド体験は、主に3つです。

  • ベネフィット体験型:店舗やイベントでの商品トライアルを代替・効率化する
  • 世界観体験型:世界観を通じてブランドへの共感・親近感を高める

このような目的をもって多くの企業がブランドエフェクトを活用してキャンペーンを行なっています。その中でも主な事例をご紹介します。

「ポケモン」の新作ゲームが体験できるブランドエフェクト、試したユーザーは約14万人!


出典:TikTok For Business
ポケモンは小さい子供から大人まで幅広い年代から人気があり、TikTokでも大人気です。
この施策では、ブランドエフェクトにインフィード広告を組み合わせるという手法で、2020年6月リリースのアプリ『Pokémon Café Mix』という、可愛らしい世界観の中でポケモンたちと一緒に遊べるパズルゲームをPRしました。
開始からわずか1週間で13万人以上のユーザーにブランドエフェクトを体験してもらうことができた成功事例です。

「コパトーン」キレイ魅せUVシリーズをTikTokブランドエフェクトで擬似体験


出典:TikTok For Business
2つ目は、大正製薬株式会社のUVケアブランド「コパトーン」から発売されたキレイ魅せUVシリーズの4タイプの製品を題材としたハッシュタグチャレンジをサポート・オリジナルブランドエフェクトを共同開発した事例です。
コスメ動画の投稿がTikTokで伸びているという点に着目し、化粧品を選ぶように日焼け止めも選んでもらう感覚をブランドエフェクトで再現しています。
開発したブランドエフェクトは「マシュマロ肌」「キラキラ肌」「なめらか肌」「ほそみせ肌」の4つです。
ABEMAオリジナル恋愛リアリティーショーの「今日、好きになりました。」に参加していた4名を起用して新商品の認知・理解を促進しています。

NARS「クワッドアイシャドー」の質感と色味をTikTokのブランドエフェクトでリアルに再現!


出典:TikTok For Business
最後の事例は、メーキャップブランド「ナーズ(NARS)」が人気シャドーパレットのPR施策としてオリジナルブランドエフェクトを開発した事例です。
「クワッドアイシャドー(QUAD EYESHADOW)」の質感と色味を再現したブランドエフェクトで、アイメイクを擬似体験することができます。
このブランドエフェクトは新色2色を含む4色の質感と色味をリアルに再現し、まばたきをするとアイシャドーの色が変わります。
商品を購入する前に、自分に合う色味や質感かどうかをシミュレーションできるので購買意欲を高めることに成功した事例です。

TikTok広告の出稿方法

TikTok広告の出稿方法について解説します。そもそもTikTok広告を配信する場合に、自社で運用するのか、ノウハウのある会社にお願いするのかを考える必要があります。
大まかで大丈夫ですので、広告を出稿する際の方法を考えてみてください。

TikTokに直接問い合わせる

もし自社でTikTok運用を進めるとして、予算や細かい出稿方法などが分からない場合はTikTokに直接問い合わせることが可能です。
TikTokに直接問い合わせるメリットは、TikTokについての知識が豊富な専任のスタッフと直接やり取りができる点です。
また、やり取りは無料で行えます。
企画などは自社で考える必要がありますので、社内に知見がある場合や人的リソースが十分な場合にスポット的に問い合わせをしてみましょう。

広告代理店に運用の代行を依頼する

自社でTikTok広告を運用するリソースや知見がない場合には、広告代理店に任せることもできます。
広告代理店の中には、TikTok広告の運用代行を行っているところがあり、配信設定や広告動画作成のサポート、毎月の予算管理などのサービスを提供しています。
初めてTikTok広告やWeb広告の配信を始めるというのであれば、初めの数か月は広告代理店と共同で運用し、徐々に内製化を進めるのがオススメです。
代理店によって手数料が違いますので、事前に調べておきましょう。

TikTokプロモートを利用する

できることなら、なるべく費用を抑えたいと考えている方も多いでしょう。初めから、広告費をかけすぎて思うような成果が得られないといった事態は避けなければいけません。
そこでオススメなのがTikTokプロモートです。純広告ほどの成果は期待できないですが、とりあえず試してみたいという方は必見です。

TikTokプロモートとは?

TikTokプロモートとは、過去に自身が作成したTikTok投稿を広告として配信し、ユーザーのおすすめ欄に表示させる機能のことです。
よく似た機能にTwitterのプロモツイート機能があります。
TikTokプロモートは、1日単位で予算と広告掲載期間を設定できます。
個人でも少額から始められ、動画の設定からプロモートをする目的を選択し、予算と期間を設定するだけで簡単に広告を配信できます。
簡単に始められますし費用も抑えられるので、実際に試してみることでTikTok広告の感覚を掴むことが可能です。

TikTok広告の注意点

最後にTikTok広告を配信する際の注意点を紹介します。

映り込みやプライバシーに配慮する

1つ目の注意点は、映り込みやプライバシーに配慮することです。
広告に映っている人物や物が、撮影NG対象になっていないかの確認が必要です。
一度ネットに配信されたコンテンツは削除しても完全に消滅することはありません。他者に迷惑がかかるような広告配信をしないように注意しましょう。

修正ができないため間違いがないように気をつける

一度配信を開始してしまうと修正ができない点も注意しなければいけません。
動画内の文字やエフェクトにミスがあっても、配信後は修正ができないため必ず配信する前に確認をすることが大切です。万が一、ミスに気づいた場合は再度広告を配信し直す作業が発生するので注意が必要です。

広告ポリシーを守る

また、他のSNS同様にTikTok広告にも広告ポリシーがあります。広告ポリシーに沿って広告を利用するようにしましょう。
主な広告ポリシーとして、

  • サイトにリンクが貼られていること
  • サイトの内容が広告と相違ないこと
  • 違法なコンテンツや性的なコンテンツでないこと

などが配信できる広告の条件とされています。
その他、特に気をつけなければいけないのは以下の「TikTok特有のポリシー」3点です。

  • 動画広告の時間は5秒以上60秒以内
  • 広告には鮮明な音声が含まれていなければならない
  • 広告が静止画であってはいけない

動画の時間制限、音声と動画でのショート動画の作成が必須になります。

まとめ

TikTok広告といっても、ご紹介したようにその目的や広告手法など様々なパターンがあります。
TikTok広告動画を活用して成果を上げるには、自社の商材やターゲットに合わせて最適な施策を考えることが大切です。まずは、今回ご紹介した内容を参考に自社でどのような活用ができるか検討してみてはいかがでしょうか。

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Atom
(1)フィードのフォーマットの一種 インターネットの更新情報を配信するため ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]