TikTok広告を活用するためのコツとは?気をつけるべきポイントと入稿の規定を解説 | VIDEO SQUARE

VIDEO SQUARE - 2023年3月29日(水) 11:40
このページは、外部サイト VIDEO SQUARE の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「TikTok広告を活用するためのコツとは?気をつけるべきポイントと入稿の規定を解説」 からご覧ください。


今回の記事では、そのような方に向け、TikTok広告動画のコツや注意するべきポイント、および入稿時の規定について解説します。
また「TikTok広告の入稿時の規定」については、「動画広告」「画像広告」「カルーセル広告」の、それぞれの規定について理解できます。

ぜひ最後までお読みいただき、効果的なTikTok広告の活用につなげてください。
お役立ち資料集

TikTok広告を成功させるためのコツ

まずTikTokの広告メニューには、大きく以下の種類があります。

  • リーチプロダクト:起動画面広告
  • リーチプロダクト:One Day Max
  • ハッシュタグチャレンジ
  • ブランドエフェクト

メニューそれぞれに、最適な対策やコツが異なります。上記それぞれのパターン別に、成功させるためのコツについて解説します。

リーチプロダクト:起動画面広告

リーチプロダクトとは、TikTokにて提供されている「リーチ数を確実に、かつ効率よくアップさせていくサービス」のことを指します。

ちなみに「リーチ」とは日本語に訳すと「拡散される」「遠距離・広範囲」という意味でありSNSやマーケティングにおいては、「広告に触れた人の割合」という意味合いで使われます。

「リーチプロダクト」といっても、その種類は大きく以下の4つに大別されます。

  • Top View
  • 起動画面広告
  • Brand Premium
  • One Day Max

そのうちの「起動画面広告」は1日1社限定の起動画⾯枠のことで、アプリ起動時に必ずファーストビューとして表示されます。つまり「TikTokアプリを表示したユーザーが必ず目にする」ことが特徴。この利点を最大限に活かし、「インパクトのあるキャッチーな広告」に仕上げることが成功のカギといえます。

参加しやすいキャンペーンを公開する

起動画面広告では、ユーザーが「参加しやすいキャンペーン」を公開することがコツといえます。参加までのハードルが低いことで、拡散につながったり、気軽に参加できることでユーザーから「興味・関心」を高めるきっかけを作ることができます。

近年では、「特定のハッシュタグをつけて投稿するだけ」「〇〇ポーズを盛り込んだダンスを撮影して投稿するだけ」のような、だれでも参加しやすいキャンペーンを起動画面広告として配信する企業が多く見られます。

シンプルで伝わりやすいデザインを使用する

シンプルで伝わりやすいデザインも、起動画面広告を成功させるコツです。たとえば、昭和テイストのデザインを起用し「レトロかわいい」要素を主張する広告はユーザーの第一印象でイメージが湧くためユーザーに好まれやすい傾向があります。

一方で、あまりに凝った複雑なデザインの広告などは起用しても尺が限られているだけでなく、短時間でユーザーへのイメージを持たせることが難しいため、なかなか理解されません。

このようにシンプルなデザインの中に、なるべくキャッチーでインパクトのある広告を盛り込むことがユーザーへの関心を高められる成功のコツといえます。

リーチプロダクト:One Day Max

リーチプロダクトの種類のひとつに、「One Day Max」があります。
「One Day Max」とは、指定の1日のみ、ユーザーが初めて接触できるインフィード広告を指します。

尺は最大で60秒となっており、縦型のフルスクリーン動画広告として配信されます。違和感のない自然な形で上位表示されることから、視聴されやすくクリック率も高まることが特徴です。

近年ではこの「One Day Max」に有名なTikTokクリエイターなどを起用し、ユーザーの興味促進を図る広告も見られます。

商品の魅力を伝える

「One Day Max」では特に「商品の魅力」を伝えることが重要です。

他の広告にも共通する部分ではあるものの、商品の魅力を強く訴求することで、より「One Day Max」の特徴を存分に活かせます。

「買ってみたい」「使ってみたい」と思ってもらえるよう、インフルエンサーの起用やBGMなど、魅せ方にも工夫することが必要です。

ユーザーに宣伝だと思わせない工夫が必要

「宣伝と思わせない工夫」も「One Day Max」におけるポイントのひとつです。あたかも「宣伝感」のある広告では、ユーザーが興味をなくしてしまう可能性を高めてしまいます。

近年では「最後まで見ないと広告だとわからない」ような、ハイクオリティかつ自然な広告も多く見られます。そのような工夫を効果的に盛り込み、ユーザーの興味を惹くと同時に、最後までスキップされにくい施策を心がけましょう。

ハッシュタグチャレンジ

ハッシュタグチャレンジとは、「ユーザーが参加する形式の新しいスタイルの宣伝方法」です。具体的には、ユーザーは歌やダンスで投稿できる特定のキャンペーンに参加する形になります。
そのキャンペーンの抽選などで当選すると、
・主催の企業が準備した賞が受賞される
・投稿した動画が企業の公式サイトに掲載される
といった特典を受けることが可能です。

従来の広告は、ユーザーはただ「見るだけ」でした。こうして参加して楽しめるようになったことで、多くのユーザーどうしが交流を深められるようになります。

さらに「企業の認知度拡大につながる」「動画のエンゲージメント数も高く、宣伝効果も高い」といった点も強みといえます。

商品の動画投稿を募集する

ハッシュタグチャレンジのポイントは、「商品の動画投稿を募集する」ことです。

たとえばユーザーから、商品の名前をハッシュタグでつぶやいてもらったり、その商品が映った動画を投稿してもらいます。リアルなユーザーが投稿することで、より「自然な宣伝」が可能です。実際にこのハッシュタグチャレンジの効果で、1日あたりの売上が2倍になった企業も存在します。

ブランドエフェクト

ブランドエフェクトとは「画像認証技術」のことです。

このTikTokによる高度な画像認証技術を活用することで、2D、3D、ARなどのあらゆるクリエイティブコンテンツを、より自由にかんたんに作ることが可能になります。ハッシュタグチャレンジなどと併用することで、より効果的にエンゲージメント向上を図れます。

TikTok 広告フォーマット

TikTokの広告の配信面には、大きく以下の3つがあります。

  • TikTok
  • BuzzVideo
  • Pangle

これらの配信面それぞれが対応しているフォーマットを一覧にまとめると、以下のとおりです。

TikTok BuzzVideo Pangle 1:1スクエア動画 ○ ○ ○ 640×640スクエア画像 × ○ ○ 9:16縦型動画 ○ ○ ○ 720×1280縦型画像 × ○ ○ 16:9横型動画 ○ ○ ○ 1200×626横長画像 × ○ ○ カルーセル(スクエア・横長画像) × ○ × プレイアブル広告 × × ○

「TikTok広告」と聞くと、まず動画広告をイメージする方も多いでしょう。

しかしTikTok以外の配信面では、静止画像による広告も配信が可能です。なるべく多くの配信面に対応させるため、「動画クリエイティブ」は忘れずに準備しておくことが必要です。

TikTok 広告の入稿規定

TikTokで広告を配信するなら、「入稿規定」について理解・知識を深めておく必要があります。

TikTokには、それぞれの広告フォーマットにもとづいた「入稿規定」が存在します。
さらに、TikTokの配信面によっても、その入稿規定がそれぞれ異なるケースが有ることも少なくありません。この規定をある程度把握していないと、動画の配信ができず迷いが生じてしまったり、時間のロスにつながってしまう可能性が高まってしまいます。

TikTok広告の入稿規定について、以下の3パターンに分けてご紹介します。

  • 動画広告の入稿規定
  • 画像広告の入稿規定
  • カルーセル広告の入稿規定
動画広告の入稿規定

ここでは、まずは「動画広告」における入稿規定をご紹介します。

以下、「動画広告」の入稿規定を一覧にまとめました。

TikTok BuzzVideo Pangle アスペクト比 ・9:16
・1:1
・16:9 ・1:1
・6:9 ・9:16
・1:1
・16:9 動画の長さ 5~60秒
(9〜15秒推奨) 無制限
(5〜60秒推奨) 5〜60秒
(動画リワード広告は5~30秒) 動画解像度(px ) 無制限
※推奨解像度は以下のとおり
・720×1280以上
(9:16)
・640×640以上
(1:1)
・1280×720以上
(16:9) 無制限
※推奨解像度は以下のとおり
・720×1280以上
(9:16)
・640×640以上
(1:1)
・1280×720以上
(16:9) 無制限
※推奨解像度は以下のとおり
・720×1280以上
(9:16)
・640×640以上
(1:1)
・1280×720以上
(16:9) ファイル形式 ・mp4
・mov
・mpeg
・3gp
・avi ・mp4
・mov
・mpeg
・3gp
・avi
・gif ・mp4
・mov
・mpeg
・avi ビットレート 516 kbps 以上 ファイルサイズ 500 MB 以下 広告説明文 半角1~100字または全角1~50字
(絵文字や特殊文字は使用不可) プロフィール画像 ・アスペクト比:1:1
・ファイル形式:jpg/jpeg/png
・ファイルサイズ:50 KB 以下 アプリ名
ブランド名 ・アプリ名:半角4~40字または全角2~20字
・ブランド名:半角2~20字または全角1~10字

BuzzVideoは、9:16の広告枠が存在しないことが特徴。そのため、たとえばBuzzVideoに「9:16縦型動画」を入稿すると、自動的に「1:1の広告枠」にフィットするように圧縮されたうえで配信されます。

画像広告の入稿規定

続いて「画像広告」における入稿規定を見ていきます。「画像広告」の入稿規定を一覧にまとめたものが、以下のとおりです。

BuzzVideo Pangle 画像解像度(px ) 無制限
(推奨サイズは500KB以下) 無制限
(推奨サイズは500KB以下)
・1280×628以上
・640×640以上
・720×1280以上 ファイル形式 ・jpg
・png ・jpg
・png ファイルサイズ 制限なし
(推奨サイズは500KB以下) 最大500KB 広告説明文 半角1~100字または全角1~50字
(絵文字や特殊文字は使用不可) アプリ
ブランド名 ・アプリ名:半角4~40字または全角2~20字
・ブランド名:半角2~20字または全角1~10字

ファイル形式はどちらも一般的によく使われる「jpg」「png」に対応。ただBuzzVideoには解像度、ファイルサイズともに制限がないため、自由度や柔軟性の高さの観点で軍配が上がります。

なお、TikTokでは画像広告フォーマットを配信することは不可能です。たとえば画像を「広告クリエイティブ」として設定すると、自動的にTikTokは「配信対象外」となってしまいます。

カルーセル広告の入稿規定

「カルーセル広告」における入稿規定を見ていきます。

ちなみにカルーセル広告とは、「ひとつの広告に対して、何枚かの画像および動画を横並びに表示することができるフォーマット」のことです。

なおこのカルーセル広告が配信できるのは、「BuzzVideo」のみ。
カルーセル広告のフォーマットを一覧にまとめると、以下のとおりです。

画像枚数 2~10枚 画像サイズ(px) 640×640/1200×628
(上記以外のサイズもアップロード可能)(アップロード後、選択サイズに自動調整) ファイルサイズ 無制限
(推奨サイズは500 KB 以下) 文字数 半角12~40字または全角6~20字
(絵文字は使用不可)

カルーセル広告では、2〜10枚の画像が配置可能。また、その画像ごとに異なるテキストおよび URL を設定できます。

設定した画像はカルーセル形式で横方向に並んで表示されます。ユーザーが横にスライドさせるたびに、異なる画像を次々に表示させることが可能です。

TikTok広告の種類

ひとえに「TikTok」広告といっても、さまざまな種類があります。TikTok広告を大きく分けると、以下の3つの種類があげられます。

  • リーチプロダクト
  • ハッシュタグチャレンジ
  • ブランドエフェクト

この章では、上記それぞれの特徴や違いについて見ていきます。最適なTikTok広告を制作するために、ぜひ参考にして下さい。

リーチプロダクト

リーチプロダクトは、TikTokにて提供されている「リーチ数を確実に、かつ効率よくアップさせていくサービスの総称」です。

リーチプロダクトには、以下の4つのメニューがあります。

  • 起動画面広告
  • TopView
  • One Day Max
  • Brand Premium

ここでは、上記それぞれの特徴をご紹介します。

リーチプロダクト:起動画面広告

起動画面広告は、ユーザーがTikTokアプリを起動したとき「必ず最初に表示される広告」のことです。

1日2社限定の広告となっており、必ずユーザーが目にする広告です。そのため大きな宣伝効果、および認知度の拡大が期待できます。またこちらの広告は1日に5回までしか表示されないため、ユーザーのストレスをへらすことも可能です。掲載費用はおおよそ500万円程度。

この起動時画面広告には、音声が含まれません。映像のみで伝わる動画に仕上げることが必要です。

リーチプロダクト:TopView

TopViewは、アプリ起動時からインフィード動画として配信される、縦型のフル画⾯の動画広告です。

1⽇1社限定の広告となっており、尺は最長で60秒間となっています。起動時に表示されることから多くのユーザーの目に留まるため、1日で多くのリーチ数の獲得が期待できます。

なるべくシンプルでキャッチーな内容を、コンパクトにまとめるのがコツです。

リーチプロダクト:One Day Max

「One Day Max」も、リーチプロダクトの広告メニューのひとつとしてあげられます。

One Day Maxはユーザーが指定の1日で初めて接触できるインフィード広告のことです。尺は最大で60秒となっており、縦型のフルスクリーン動画広告として配信されます。

One Day Maxは「おすすめフィード」の4枚目に自然な形で配置される点が特徴です。違和感のない形で表示されることから、視聴されやすくクリック率も期待が持てます。One Day Maxは、「広告内にテキストを挿入できる」「希望の箇所にアクションボタンを配置できる」など、「自由度の高い広告を制作できる仕組み」も魅力です。

近年ではOne Day Maxで著名人などを起用し、ユーザーの興味促進を図る広告も増えています。費用相場は1日あたりおおよそ300万円です。

その他、One Day Maxの概要を一覧にまとめると、以下のようになります。

掲載期間 1日限定(1社のみ) 平均想定リーチ数 約400万~500万 平均想定インプレッション数 約500万~600万 平均想定CTR数 1~2% ターゲティングの設定 × 平均相場 おおよそ300万円 リーチプロダクト:Brand Premium

リーチプロダクトの広告メニューとして、「Brand Premium」もあげられます。

Brand Premiumは、おすすめ80番目以内に表示される広告のことで、数あるTikTok広告の中でも安価で利用できる点が特徴です。またBrand Premiumでは「ユーザーがリアクションできること」がメリットといえます。
「いいね」やコメントなどを自由につけることができるため、ユーザーが共感しやすいことで拡散につながりやすくなります。

その結果として、コンバージョン率を向上させることにもつながります。

ハッシュタグチャレンジ

TikTok広告の種類のひとつとして、「ハッシュタグチャレンジ」があります。ハッシュタグチャレンジをひとことでいうと、「ユーザー参加型の広告」です。

たとえば、

  • 企業名のハッシュタグをつけて投稿すると〇〇
  • 特定の商品が映った動画を投稿すると〇〇
  • 流行りの振り付けのダンスを投稿すると〇〇

のように、ある条件で投稿することで、主催の企業からの特典が得られるなどのメリットがあります。

ユーザーどうしで楽しんでもらえるのはもちろん、宣伝効果も高いのが魅力。インフィード広告と比較しても、エンゲージメントの向上につながる施策ができます。費用相場は、約1,000万円程度となっています。

ブランドエフェクト

「ブランドエフェクト」も、TikTok広告の種類のひとつとしてあげられます。

ブランドエフェクトとは「画像認証技術」のことです。企業側が2D、3D、ARのような技術を駆使したクリエイティブコンテンツを制作します。それをTikTokユーザーに体験してもらい、楽しんでもらうのが大まかな利用イメージです。

活用事例としては、「ヘアカラーの色のサンプルを作り、髪の毛をARで染色」、「口を開ける・手を振るなどの動作に合わせたエフェクト」といったものがあげられます。

「ハッシュタグチャレンジ」と組み合わせることで、圧倒的に高い費用対効果を得られるでしょう。制作費用の相場としては、350〜400万円程度です。

クリエイティブ作成時に気を付けるべきポイント

TikTok広告でより確実な成果を出すためには、TikTokの性質を理解のうえ、それに沿った適切な広告クリエイティブを配信することが大切です。

そのクリエイティブ作成において、気をつけるべきポイントについて見ていきます。

成果が出やすい縦型動画を選ぶ

TikTok広告でより確実に成果を出したいなら、縦型動画を選ぶことをおすすめします。

主な理由としては、以下のとおりです。

  • 一般的なスマートフォンに合わせた「縦型全画面動画」は、TikTokのひとつの醍醐味ともいえる
  • TikTokユーザーは、画面を横にしてアプリを利用することが少ない

TikTokといえば、一般的なスマホで全画面で表示される動画が最大の特徴。インパクトの強い動画を全画面で表示させることで、ユーザーにより強烈に印象付けることが可能です。

実際に横長の動画は、横長のものと比較し、

  • 6秒視聴率→391%
  • エンゲージメント率→923%

になったと、TikTokが公式で公表しています。

TikTokは縦型の広告も配信可能です。とはいえ横長のものをそのまま使うのではなく、「上下のスペースにテキストや装飾を入れる」など、工夫することが成功のコツといえます。

動画の要素はセーフティーゾーンに収める

「動画の要素をセーフティゾーンに収める」ことも、クリエイティブ作成時に気をつけたいポイントのひとつです。

セーフティゾーンとは、TikTok再生画面の中の「アイコンや説明枠に被ってないエリア」のことです。つまりこのセーフティゾーンを超えてしまうと、動画の要素がアイコンや説明枠に被ってしまい、動画が見にくくなってしまいます。

そのため前もってTikTokの再生画面を確認のうえ、

  • 画面右手にある各種アイコンの位置
  • 画面下部にある説明枠の位置
  • 画面上部の「フォロー中」などの文字

のようなものが、どの位置にあるか把握しながら、動画を作っていくことが重要です。

広告に字幕を付ける

広告にはできる限り字幕をつけることも、クリエイティブ作成において大切です。ユーザーへの理解度や音声なしで再生されるユーザーなど、字幕があるかないかでは、ユーザーへの訴求力が異なります。

字幕なしでは聞き取れないこともあるうえ、頭に内容が定着しにくいです。
よりスムーズな理解を促進させるために字幕を取り入れた動画を検討することをおすすめします。

広告を作成したらプレビューで確認する

広告を作成したら、必ずプレビューで確認することが大切です。

具体的にプレビューで確認することとしては、大きく以下のとおりです。

  • 理想の形で動画が再生されるか
  • 動画の要素が右手のアイコンや説明枠と被っていないか
  • ちょうどいい音量で再生されるか

実際にユーザーの目線で動画を再生してみて、初めて違和感に気づくケースは少なくありません。動画広告のプレビューで確認を行い確認することが重要です。

ユーザーの反応を計測し分析する

クリエイティブな作成においてユーザーの反応を「計測」し「分析」して改善することは大切です。ただ漠然と好きなように広告を配信するだけでは、確実な効果は得られません。

ユーザーの反応や行動を確認するための手順としては、以下のとおりです。

  • TikTokのプロアカウントに登録する
  • 設定メニュー内「インサイト設定」をオンにする

これによって、以下の項目が分析できるようになります。

  • 再生された数
  • 視聴された回数
  • プロフィールが表示された数
  • 合計再生時間
  • 合計視聴時間
  • 平均視聴時間
  • フォロワー数
  • 各フォロワーの所在地

「どんなところに住んでいる人がどんな動画を、どのくらい視聴・再生したか」が見えるようになるため、よりユーザーのデータ・動向を確認できるため出稿した広告や今後の広告の改善につなげられます。

まとめ

以上、TikTok広告を成功させるためのコツや広告の種類、およびクリエイティブ作成のポイントをご紹介してきました。

TikTokは他の動画広告と比べても、独特な特徴や性質をもちます。その特性を十分に理解したうえで最適な動画広告を用意し、より確実に売上や認知拡大につなげてほしいと思います。

動画制作サービスのCrevoは、「動画制作に関する幅広い要望を叶えるサービス」を提供しています。

TikTok広告動画においても数々の実績をもち、お客様の要望や予算に合わせた最適な提案が可能なので、ぜひお気軽にご相談下さい!

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Atom
(1)フィードのフォーマットの一種 インターネットの更新情報を配信するため ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]