デペッシュ・モードに学ぶネットマーケティングのアドバイス5つ | SEO Japan

SEO Japan - 2010年4月14日(水) 20:02
このページは、外部サイト SEO Japan の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「デペッシュ・モードに学ぶネットマーケティングのアドバイス5つ」 からご覧ください。
デペッシュ・モードって懐かしいですね。え、彼らがネット活用して再結成したの?(解散してないかもですが)とか思ってしまいましたが真相はいかに。 People are Peopleでも久しぶりに聴きながらどうぞ。 — SEO Japan

先月、オースチンの街をSXSW(註:毎年行われているネットを活用することでも有名な音楽イベント)。の仲間達と歩いていた時、誰かが私にポップミュージックを例えにした次のコピーブロガーの記事はいつなのかと聞いてきた。
「どんなのがいいか?」 と私が尋ねると、
「デペッシュ・モードの曲は無理だよな」 と彼が挑戦してきたので、
「もちろんできるさ」と私はすかさず返し、
「あの黒ずくめの衣装の奴らだぜ!」と彼は言った。
さて、テキサス州オースチンの素晴らしい街の景観について語るのではなく、世界で最も人気の高いエレクトロニックバンド、デペッシュ・モードが教えてくれる効果的なオンラインマーケティングの手法について話すことにしよう。
People are People (人は皆、人)
People are people (人は皆、人)
So why should it be (それなのになぜ)
You and I should get (あなたと私は)
Along so awfully (仲が悪くなければいけないのか)
オンライン市場で成功はしたいけれど、人間心理的なことには関わりたくないって?でも、悪いが、基本的に全てはそこにかかっている。人を動かすものは何かを理解してそれに沿って進めること、それが一番うまくいくのだ。さらに、社会心理学を勉強すればソーシャルメディア的なものの意味も分かるようになる。
Never Let Me Down Again (2度と僕をがっかりさせないで)
I’m taking a ride with my best friend (僕は親友と一緒にいる)
I hope he never let’s me down again (もう二度と彼が僕をがっかりさせないことを願って)
He promises me I’m as safe as houses (彼は約束した、僕はとても安全だって)
As long as I remember who’s wearing the [...]
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]