CSS Nite LP66 「デザイントレンド特別版」フォローアップ(2)Webデザイントレンド[特別版] | CSS Nite公式サイト

CSS Nite公式サイト - 2020年7月15日(水) 18:30
このページは、外部サイト CSS Nite公式サイト の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「CSS Nite LP66 「デザイントレンド特別版」フォローアップ(2)Webデザイントレンド[特別版]」 からご覧ください。

2020年1月18日にAbemaTowers 10階セミナールームで開催したCSS Nite LP66 「デザイントレンド特別版」のフォローアップとして、原 一浩さん(カンソクインダストリーズ)、矢野 りんさん(バイドゥ)、坂本 邦夫さん(フォルトゥナ)の『Webデザイントレンド[特別版]』セッションのスライドなどを公開します。

動画

動画は7月15日23:00に公開開始。

フォローアップ

原 一浩さんから

Webデザイントレンド[特別編]と、Webデザイントレンド[自治体編]を担当しましたカンソクインダストリーズの原です。
雨が降る中、ご参加いただきまして誠にありがとうございます。

年末行った Shift13 のWebデザイントレンドセッションより2倍以上の時間をいただいてお話しましたが、年末話せなかったネタも含めまして、なおかつ初めて参加した方にもわかりやすくなるよう再構成しました。
ちょっと時間がおしてしまった点はお詫び申し上げます。

さて、まずは自治体編の冒頭で触れました前回のWebデザイントレンド自治体編についてフォローアップページのご案内をしておきます。
前回は 2016年2月24日にワテラス コモンホール(お茶の水)で開催され、当時は自治体サイトだけでなく自治体特設サイトについても触れました。

フォローアップサイトにある写真が少しコスプレ気味になっている点はご容赦ください。当時のスライドを見ていただきますと、時代の変化を感じとることができると思います。例えば、坂戸市のWebサイト (https://www.city.sakado.lg.jp/) は当時自治体Webサイトとしては斬新だと紹介していますが昨年リニューアルされました。どう変わったのか、ご自身の目で是非確かめてみてください。

世界の大学編は、年末はじめて行ったリサーチでしたが概ね好評な評価をいただき誠にありがとうございます。懇親会の場では大学の現場にいらした方より、より詳しいお話を伺うことができました。Webデザイントレンドセッションは発生している現象を表面から深掘りしていくスタイルなため、なかなか中の状況までたどり着くことはありません。ただ、参加者の中には自分が担当していたサイトが取り上げられましたという人もたびたびいて、その方からより深い話を聞くことができたりします。もし可能なら懇親会まで含めてのご参加を検討いただけるとより満足できる内容になるかと思います。

続いて、世界の大学編でスライドに掲載していなかったVRについて紹介します。VRといってもいわゆるヘッドマウントディプレイをつけて何かするという形ではなく、あくまで擬似的に大学内を散策するようなコンテンツということでのVRとなります。
以下の大学のWebサイトのフッター付近には、パノラマ写真が回転しているエリアがあります。ここがYouVisitというサービスを使っている箇所で、クリックするとユーザー登録が必要となりますがキャンパスの紹介を見ることができます。

また、アクセシビリティツールについても補足情報を書きます。
セッション中に紹介したUSERWAYが使われているサイトは以下のようなサイトですが (こちらは左上にアクセシビリツールが配置されています)、

他にもツールがあるので紹介しておきます。以下のサイトではAudioEyeというツールが使われていて、右下にあるアクセシビリティアイコンをクリックすることで起動しますが、まるでデスクトップアプリケーションのようなツールパネルが起動します。

こちらも合わせてチェックしてみてください。
今回の配布資料ですが、インターネット上での再配布はご遠慮いただいておりますが、社内にて発信元を明記の上でしたら自由にご利用いただいても構いません。お仕事やプレゼンのネタとしてご利用くださいませ。また、社内セミナーなどを実施したいなどのご要望がありましたが、お気軽にお声がけください。

最後に、今後のWebデザイントレンドの開催予定について書いておきます。

次に開催される場所は青森で、2月15日になります。イベント詳細については以下のリンクを参照ください。

続いて次の開催地は大阪で、3月1日に開催されます。

もし、開催地近くに在住のご友人などがおられましたら教えていただけるとありがたいです。

ではでは、良いWebデザインライフを!

Kansock.Industries 原 一浩
https://kansock.industries/
Twitter : https://twitter.com/karad
Facebook : https://www.facebook.com/kazuhirohara

矢野さんから

CSS Nite LP66 Webデザイントレンドセッションにご参加ありがとうございました。
矢野からはフォローアップとしてグローバルの若年層で高い支持を得ているサービス増量版、およびセッション内で口頭で触れた動画サービスの紹介と、ランキング選外だけど知ってほしいWebサイトをご紹介します。

新しいサービスSoul

https://www.soulapp.cn/

上海生まれの「リアルで会わない出会い系」。ソウルメイトと引き合わせてくれるという壮大な用途をかかげています。

Discord

https://discordapp.com/

各ユーザにサーバを割り当て、そのサーバに友達を勧誘するという斬新な基本設計の音声チャットサービス。誰かが立てたサーバで遊ぶという前提はマインクラフトのおかげで最近の若年層にとってはなじみがあるようです。
若年層はDiscordでボイスチャットすることを「ディスコでボイチャする」などと言います。

Zenly(ゼンリー)

https://zen.ly/home

リアルな友達同士の交流ツールです。『友達同士で一番よく送られているメッセージって「いまどこ?」なんだって。Zenlyを使えば、もうそんなメッセージ送る必要ないよ!
という紹介文の高校生に絶大な支持を得る位置共有アプリ。

Amino

https://aminoapps.com/
もとは韓国アイドルとアニメの話題で盛り上がるためのWebコミュニティでしたが、近年スマホUIに特化しました。上海生まれNY育ち。

Yey

https://yay.space/
高校生をメインターゲットとしたコミュニティサービスです。サービス自も興味深いですが、運営の拠点を自社ドメインではなくnote上に置いている点も面白いですね。
https://note.com/yay
official
SEOを自社でがんばるより有効なのかもしれません。

動画サービスWistia

https://wistia.com/

Bryan university
https://bryanuniversity.edu/
が導入している動画配信サービス。
自社のブランドに合わせて動画のUIデザインを調整できるツールや配信技術を提供しています。コンテンツ・マーケティングの考え方に関する読み物もあります。

Britecove

https://www.brightcove.com/ja/solutions/marketers

HSBC
https://www.hsbc.com/
が導入している動画サービス。
こちらは部分的に日本語にローカライズされています。動画配信技術やマーケティングのためのデータ分析ダッシュボードなどを提供しています。

ぜひ見ていただきたい選外のサイトAlban Mezino氏の自己紹介

https://albanmezino.fr/

フリーランスのデベロッパーの自己紹介です。
かなり砕けた内容ですが、自分の立ち位置や価値観を素直に強く表明している点が印象的です。

tobaccodock イベント紹介サイト

https://www.tobaccodocklondon.com/

問い合わせへのリンク先を常にfooterにFIXさせているところなど、デザインセオリーにとらわれずにイベントの想定参加者の課題をよく見ているところが素晴らしいです。

メールクライアントアプリの紹介ページ

https://www.juicymail.co/

昨年なら静止画像でもそれなりに製品説明サイトの体裁はつくろえましたが、デモを動画で見せなければ全く伝わらない時代になりました。svgでフレームを作り、中にvimeoにアップした動画をはめ込んでモーショングラフィックっぽく見せているところも良い演出。

以上、セオリーにとらわれずにどこまで工夫ができるのか。まさに「独自の工夫」こそ次のトレンドであると言えそうです。

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]