Google 検索でオンライン ビジネスを休止する方法 | Google ウェブマスター向け公式ブログ

このページは、外部サイト Google ウェブマスター向け公式ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「Google 検索でオンライン ビジネスを休止する方法」 からご覧ください。

コロナウイルスの影響が拡大するとともに、世界の多くの企業が、オンライン ビジネスを休止する方法を模索しています。ここでは、再開を視野に入れてお客様に存在を示しつつ、オンライン ビジネスを休止したうえで、Google 検索での影響を最小限に抑えるおすすめの方法を紹介します。このおすすめの方法は、オンライン プレゼンスを確立しているすべてのビジネスに適用できますが、特にオンラインでの製品販売やサービス提供を休止している企業に適しています。詳細については、開発者向けドキュメントもご覧ください。

おすすめの方法: サイトの機能を制限する

状況が一時的なもので、オンライン ビジネスを再開するつもりである場合は、サイトをオンラインにしたまま機能を制限することをおすすめします。たとえば、商品を在庫切れとしてマークしたり、カートや購入手続きを制限したりします。これが、Google 検索におけるサイトのプレゼンスへの悪影響を最小限に抑える、おすすめの方法です。ユーザーはその間も商品を探したり、レビューを読んだり、後で購入するためにほしいものリストに追加したりすることができます。

次のアプローチもおすすめします。

  • カート機能を無効にする: カートの機能を無効にするのが最も簡単な方法であり、サイトの検索順位に影響しません。
  • 顧客に状況を知らせる: バナーやポップアップ div を表示して、ユーザーに適切な情報を提供することで、ビジネスの状況を伝えます。遅延、配送時間、受け取りや配送オプションなど、営業形態が普段と異なるのであれば、ユーザーが納得して処理を進められるよう、それらについてまず伝えます。その際は、ポップアップとバナーに関するガイドラインに準拠してください。
  • 構造化データを更新する: サイトで構造化データ(商品書籍イベントなど)を使用している場合は、状況に応じた調整(現在の商品在庫状況を反映する、イベントをキャンセルにするなど)を行います。実店舗がある場合は、ローカル ビジネスの構造化データを更新して現在の営業時間を反映させます。
  • Merchant Center フィードを確認する: Merchant Center をご利用の場合は、在庫状況属性に関するおすすめの方法に沿って設定を行います。
  • Google に更新情報を送信する: 少数のページ(ホームページなど)の再クロールを Google にリクエストするには、Search Console を使用します。ページ数が多い場合(商品ページすべてなど)は、サイトマップを使用します。

詳細については、Google のデベロッパー向けドキュメントをご覧ください。

非推奨の方法: ウェブサイト全体を無効にする

最終手段として、ウェブサイト全体を無効にするという手段もあります。ただし、これは非常に短い期間(長くても 2~3 日)に限られる最終手段です。それ以上になると、適切に実施した場合でも、ウェブサイトの検索結果に多大な影響が及びます。そのため、代わりに サイトの機能を制限することをおすすめします。その時点では何も販売していなくても、ユーザーはサイトに掲載された商品、サービス、会社の情報を必要とする場合があるからです。

それでも、サイト全体の無効化(前述のとおり推奨されません)を行う必要があると判断した場合には、以下の選択肢があります。

  • サイトを 1~2 日間緊急に無効にする必要がある場合は、コンテンツの代わりに 503 HTTP 結果コードを含むエラー情報ページを返します。サイトを無効にする場合のおすすめの方法を必ずご確認ください。
  • それより長い期間サイトを無効にする必要がある場合は、200 HTTP ステータス コードを使用し、ユーザーが検索で見つけることのできるプレースホルダとして、インデックス登録可能なホームページを提供します。
  • 方法が決まるまでウェブサイトを非表示にする必要がある場合は、検索からサイトを一時的に削除することもできます。

詳細については、Google のデベロッパー向けドキュメントをご覧ください。

無効化には注意が必要: ウェブサイト全体を無効にすることをおすすめしないのは、以下のような副作用があるためです。

  • ビジネスがオンラインで見つからないと、ユーザーはそのビジネスに何が起きているのかわかりません。
  • お客様はビジネスや製品、サービスについての情報を自分で見つけたり読んだりすることができなくなります。たとえば、レビュー、仕様、過去の注文、修理ガイド、マニュアルなどが見つけられなくなります。第三者からの情報は、自社サイトで提供する情報ほど正確、包括的ではない場合があります。そのような情報に購入の決定が左右されることも少なくありません。
  • ナレッジパネルから、連絡先の電話番号やサイトのロゴなどの情報が消える可能性があります。
  • Search Console の確認が正常に行えなくなり、検索によって自社のビジネスに関する情報にまったくアクセスできなくなります。また、ページがインデックスから削除されると、Search Console の集計レポートのデータが失われます。
  • ウェブサイトのインデックス登録からやり直す必要がある場合、回復は非常に困難であり、時間もかかります。さらに、回復にかかる時間も予測できず、回復したとしても、サイトが検索で以前と同じように表示されるかどうかも不明です。
考慮すべきその他の点について

ウェブサイトの運用に関するアクション以外にも、オンライン ビジネスを休止させる際に Google 検索で実施できるアクションがあります。

また、Twitter で Google ウェブマスター(@GoogleWMC)や Google マイビジネス(@GoogleMyBiz)をフォローして、最新情報をご確認ください。

よくある質問

2~3 週間だけサイトを停止した場合、どのような影響がありますか?

ほんの 2~3 週間でもサイトを完全に停止すると、Google によるサイトのインデックス登録に悪影響が及ぶ可能性があります。おすすめの方法 代わりにサイトの機能を制限します。その時点では何も販売していなくても、ユーザーはサイトに掲載された商品、サービス、会社の情報を必要とする場合があるからです。

必要最小限な商品のみにすることに問題はありますか?

問題ありません。必要最小限の商品しか購入できないようにするには、 サイトの機能を制限してください。

一定期間、Google のクロール頻度を抑えるようにリクエストできますか?

はい。Search Console を使用してクロールを制限できます。ただし、ほとんどの場合は推奨されません。これにより、検索結果の鮮度に影響を与える可能性があるためです。たとえば、商品の販売を停止している事実が検索に反映されるのに時間がかかる可能性があります。一方、Googlebot のクロールによってサーバー リソースに重大な問題が生じている場合、クロールの制限は有効な対策です。ビジネス再開時にクロール頻度を元に戻すよう、リマインダーを設定しておくことをおすすめします。

ページがすぐにインデックス登録または更新されるようにする方法はありますか?

少数のページ(ホームページなど)の再クロールを Google にリクエストするには、Search Console を使用します。ページ数が多い場合(商品ページすべてなど)は、サイトマップを使用します。

特定の地域からのサイトへのアクセスをブロックした場合、どのような影響がありますか?

通常、Google によるクロールは米国から行われます。そのため、米国をブロックすると Google 検索によるサイトへのアクセスが不可能になります。ある地域全体からのサイトへのアクセスを一時的にブロックすることはおすすめしません。 代わりに、その地域に対するサイトの機能を制限することをおすすめします。

在庫切れの商品を削除するために、削除ツールを使用すべきですか?

いいえ。削除ツールを使用すると、顧客が商品に関する情報を自分で見つけられなくなります。また、第三者による不正確、不十分な情報のみが残る可能性があります。ページはそのままにして、在庫切れであることを示すようおすすめします。そうすることで、ユーザーは商品を購入できないにしても、状況を知ることができます。商品を検索から削除してしまうと、ユーザーには商品の状況がわかりません。

--------

ビジネスの休止は重大な決断であり、ストレスのかかるプロセスでもあります。だれもが何をするべきかを知っているわけではありません。もしも後になって「もっと違うことができたかもしれない」と気づいたとしても、すべてが失われるわけではありません。Google は、皆さまのサイトができるだけ早く Google 検索に復帰できるように、システムの堅牢性を高めています。Google も皆さまと同じように、この危機が一刻も早く終結することを願っています。また、今回ご紹介したおすすめの方法で、しかるべきときにオンライン ビジネスを再開し、通常の営業に戻れることを願っています。おすすめの方法を実施するにあたって、問題や質問がありましたら、公開チャンネルでサポート情報を取得してください。

Posted by John Mueller, working from home in Zurich, Switzerland
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]