Google 検索でインデックスの問題が発生: その対処法と教訓 | Google ウェブマスター向け公式ブログ

このページは、外部サイト Google ウェブマスター向け公式ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「Google 検索でインデックスの問題が発生: その対処法と教訓」 からご覧ください。

ほとんどの時間は、Google の検索エンジンは正常に動作しています。私たちは、ウェブを検索しているユーザーや、Google にインデックス登録されているサイトのウェブマスターに影響を及ぼすような、技術的な問題が起きないように尽力しています。同様に、検索エンジンの基盤となるシステムも、ほとんどの場合意図したとおりに動作しています。わずかな障害が発生しても、サービスの運用を担当するチーム以外はほとんどわかりません。ただし、複雑なシステムである以上、大規模な障害が発生することがあり、ユーザーとウェブマスターの双方に影響する可能性があります。

過去数か月の間に、インデックス登録システムで問題が発生し、インフラストラクチャの他の部分にも波及しました。できる限り迅速に状況の改善に取り組みましたが、ユーザーとウェブエコシステムに高品質のサービスを継続的に提供するという目標に反することになり、誠に申し訳ありませんでした。

その後、何が起きたのかを綿密に精査しました。その過程で得られたいくつかの教訓をここで皆さんと共有したいと思います。このブログ投稿では、発生した問題について詳細に説明したのち、今後同様の問題が発生した場合にどのようにみなさまにお伝えする予定でいるかを共有します。その上で、Google への問い合わせ方法ついてウェブマスターの方々に改めてお伝えします。

数か月前に発生した問題

4 月に、インデックスに関する問題がいくつか発生しました。Google の検索インデックスは、ウェブからクロールした、ユーザーの質問に答えるのに有用と思われる数千億のウェブページを保持するデータベースです。ユーザーが Google 検索エンジンでクエリを入力すると、ランキング アルゴリズムが検索インデックスに登録されているページの中から、最も有益で関連性の高い検索結果を瞬時に見つけます。では、何が起こったのか、詳しく見ていきましょう。

1. インデックス登録の問題

はじまりは検索インデックスの一部が一時的に失われたことでした。
「インデックスの一部が失なわれた」とはどういうことでしょうか。

基本的に、検索結果をユーザーに提供する場合、サービス速度を向上させるために、ユーザーのクエリは Google 検索サービスをサポートする最も近いデータセンターに「旅」します。ここで Search Engine Results Page(SERP)が生成されます。そのため、インデックスの構成に変更(一部のページの追加や削除、ドキュメントの統合、または他の種類のデータ変更)がある場合、対象となるすべてのデータセンターに変更を反映する必要があります。結果として、世界中のユーザーに、最新バージョンのインデックスから一貫したページが提供されます。

Google は、上記の写真のようなデータセンター世界中で所有して運営しており、24 時間年中無休でサービスを稼働させています(出典)。

すべてのデータセンターで同一のインデックスを維持し続けることは簡単な作業ではありません。大規模なユーザー向けサービスの場合、まず 1 つのデータセンターで更新をデプロイし、関連するすべてのデータセンターが更新されるまで拡大していきます。慎重に扱うべきインフラストラクチャについては、数日間にわたってロールアウトを実施し、異なる地域のインスタンスにインターリーブすることもあります(出典)。

予定していた検索インデックスに対する変更を進めている最中の 4 月 5 日(金)にデプロイシステムの一部が破損しました。具体的には、一部のデータセンターでインデックスを更新しているときに、少数のドキュメントが誤ってインデックスから削除されてしまいました。これが「インデックスの一部が失なわれた」ということです。

幸いにも、Google のオンコール エンジニアが問題を即座に察知しました。これは、私たちがソーシャル メディア上で問題を認識し始めたのと同時でした(週末に Google に連絡してくれた皆さん、ありがとうございました!)。その結果、問題が察知されてからわずか数時間で、すべてのデータセンターの検索インデックスを以前の安定した状態に戻し始めることができました(Google では、このような事態に備えてインデックスのバックアップを保持しています)。

Google は 4 月 7 日(日)に、この問題を認識しており、正常な状態に戻りつつあることを報告しました。データセンターのインデックスが徐々に安定した状態に戻りつつある中、Twitter での発信を続けました(4 月 8 日4 月 9 日)。これは、4 月 11 日にすべてのデータセンターのインデックスが完全に元通りになったと確信できるまで続きました。

2. Search Console の問題

Search Console は、ウェブマスターが利用できる一連のツールやレポートであり、ウェブサイトの検索に関するパフォーマンスのデータにアクセスできます。たとえば、毎日のオーガニック検索結果における表示回数やクリック数、または検索インデックスに登録されているページ、未登録のページに関する情報を確認できます。

検索インデックスに上記の問題が発生した結果、Search Console でも不整合が見られるようになりました。これは、Search Console で表示されるデータの一部が検索インデックス自体から抽出されているためです。

  • インデックス カバレッジ レポートは、データセンター間で整合性が取れた検索インデックスに依存します。
  • 検索インデックスにページを格納するとき、ページにリッチリザルトのマークアップが含まれている場合など、ページに関する重要なシグナルでエントリにアノテーションを付けることができます。したがって、検索インデックスの問題は Search Console のリッチリザルト レポートに影響を及ぼす可能性があります。

基本的に、Search Console の個別レポートの多くは、専用データベースからデータを抽出しています。このデータベースの一部は、検索インデックスから取得した情報を使用して構築されています。以前のバージョンの検索インデックスに戻す必要があったため、Search Console データベースの更新も一時停止する必要がありました。これにより、一部のレポート(および URL 検査ツールなどの他のレポート)のデータが横ばい状態になりました。

2019 年 4 月の Search Console のデータの更新頻度に関する問題を示す、インデックス登録ページのインデックス カバレッジ レポート。2 回の更新の間隔が通常よりも長くなっている。

問題が発生した検索インデックス全体のロールバックに数日かかったため(上記の説明を参照)、インデックス登録の問題が修正された数日後まで Search Console データベースの修正に取り掛かることができませんでした。Google は 4 月 15 日に、Search Console に問題があり、修正に取り組んでいることをツイートで明らかにしました。修正が完了したのは 4 月 28 日(レポートで新しいデータの収集を再開した日。上のグラフを参照)でした。4 月 30 日には Twitter で問題が解決したことを報告しました(ツイート)。

3.(インデックス登録の問題とは無関係な)その他の問題

Google 検索は数多くのシステムで構成されており、それぞれが別のシステムと密に連携しています。問題が同時期に起きた場合そこには因果関係があることが多いですが、場合によっては同時期に直接関係のない複数の問題が発生することもあります。

たとえば今回のケースでは、上記で説明したインデックス登録の問題とほぼ同時期に、新しい Google ニュースにおける最新のコンテンツの収集に関する問題が短時間発生しました。さらに、ページのレンダリング中に、特定の URL が Googlebot を他の無関係なページにリダイレクトし始めました。この問題はインデックス登録の問題とは関係ないもので、すぐに解決することができました(ツイート 1ツイート 2)。

Google のコミュニケーションとその改善予定

数週間の間に行った(これまでご紹介してきた)ソーシャル メディアを使用した報告に加え、2 つの別チャネル(Search Console と Search Console ヘルプセンター)でウェブマスターに詳細を説明しました。

Search Console ヘルプセンター記事

Google は、問題を完全に特定した後、Search Console のデータの異常に関するヘルプページを更新しました。このページは、多数のウェブマスターに影響が及ぶ場合に、データ破損に関する情報を Search Console サービスに伝えるために使用されます。

Search Console

すべてのユーザーがソーシャル メディアや外部のヘルプセンター ページを読むわけではないので、Search Console レポートにアノテーションを追加して、データが正確でない可能性があることをユーザーに通知しました(下の画像を参照)。この情報は、問題が解決した後に追加したものです。[詳細を見る] をクリックすると、ヘルプセンターの「データの異常」ページに移動します。

インデックス登録ページのインデックス カバレッジ レポートで、特定の問題をユーザーに通知するために含めることができるデータ アノテーションの例。
今後のコミュニケーションについて

問題が発生した場合、Google には「事後分析」の文化があります。障害に関して報告するドキュメントを作成し、同じ問題が今後発生しないよう努めます。プロセス全体について詳しくは、Google サイト信頼性エンジニアリングのウェブサイトをご覧ください。

4 月のインデックス登録の問題をきっかけに、大規模なシステム障害が発生した場合にウェブマスターに明確に伝える方法を事後分析に含めました。主な決定事項は次のとおりです。

  1. Search Console 内で広範な問題に関する情報を迅速に共有する方法を探り、機能停止が疑われる場合にウェブマスターが確認すべき主な参照ポイントとして役立つ情報を提供します。
  2. 必要に応じて、より迅速に Search Console のデータの異常ページに投稿します(Search Console データに長期間にわたって障害が見られる場合)。
  3. このような問題の発生時に、Google が問題を認識しており、その解決が近いことを速やかに知らせてウェブマスターの方々に安心していただけるよう、可能な限り速やかに Twitter で発信を続けます。

上記のコミットメントは、今後起こり得る同様の状況に備えて、ウェブマスターに対し全体的な透明性を確保するためのものです。

改善策の実施例「新しい URL のインデックスが登録されない」

5 月 22 日に別の問題が発生した際、新しいコミュニケーション方法を試しました。発生した問題は、特定の URL の処理中、予定されていたインフラストラクチャ アップグレードの後に重複管理システムのメモリが不足し、すべての受信 URL の処理が停止したというものです。

上記 の 3 つのポイントに加えて、コミュニケーションについて考慮した結果を時系列で示します。

  1. Google が問題を認識(カリフォルニア時間 5 月 22 日午前 5 時半頃)
    現在発生中の問題についてツイート(同 5 月 22 日午前 6 時 40 分頃)
    解決したことをツイート(同 5 月 22 日午後 10 時頃)
  2. ヘルプセンターの「データの異常」ページを更新することを検討しましたが、大部分のウェブマスターの Search Console データに長期的な影響はないと判断し、更新を見送ることにしました。
  3. この問題によりご迷惑をかけたことで、「いずれかの Google システムに問題が発生し、ウェブマスターに影響を及ぼす可能性がある」ことを Search Console 上で明確に知らせる手段が必要という以前の結論が裏付けられることになりました。こうしたソリューションの実装には時間がかかる場合があります。このトピックは今後も引き続き取り上げていく予定です。

8 月にも同様のインデックスの問題が発生しました。5 月 22 日の時と同じように、みなさんに問題の発生と問題解決に取り組んでいることをお伝えするツイートを行い、問題が解決した際にもツイートしてお知らせしました。

デバッグ方法とお問い合わせについて

この投稿により、Google のシステムの複雑さと、時にはシステム障害が発生する事を知っていただけたことと思います。また、問題が発生したときに Google がどのようにお知らせするかをご理解いただく一助となれば幸いです。ただし、この投稿ではシステムの広範囲にわたる障害に焦点を当てていますが、ほとんどのウェブサイトにおけるインデックス登録の問題は、個々のウェブサイトの構成に原因があります。構成によっては Google 検索が対象のウェブサイトのインデックスを適切に登録できない場合がありますので、ご留意ください。そのような場合、ウェブマスターは Search Consoleヘルプセンターを使用して問題をデバッグすることができます。デバッグした結果、自身のサイトの問題ではないと考えられる場合、または解決方法がわからない場合は、Google や Google コミュニティまでご連絡ください。いつでもお待ちしております。Google に問題を報告する方法は次のとおりです。

  • ウェブマスター コミュニティを確認する。他のウェブマスターが報告した問題で、あなたのサイトに影響を及ぼすものが含まれている場合があります。
  • 直接、報告する。イベントの際などにも直接ご報告ください。いつでもお待ちしています(カレンダー)。
  • Google プロダクト内で報告する。Search Console のフィードバック ツールをご利用いただくと、非常に助かります。
  • TwitterYouTube もぜひご活用下さい。
Posted by Vincent Courson, Google Search Outreach
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インプレッション
ネット広告における、「広告が表示された回数」を意味する。 広告表示に関する ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]