セミナー開催報告のニュースリリースの書き方 ~開催後のレポートもリリースで配信しよう | ネットPR.JP

ネットPR.JP - 2014年8月1日(金) 10:04
このページは、外部サイト ネットPR.JP の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「セミナー開催報告のニュースリリースの書き方 ~開催後のレポートもリリースで配信しよう」 からご覧ください。
cover_template
セミナーレポートは自社PRコンテンツとして蓄積される

セミナー開催後のレポートは、コンテンツの1つとなります。開催告知だけでなく開催レポートをコンテンツ化して後日公開する企業も増えてきました。自社商材の販促セミナーの場合、セミナーに参加できなかった潜在顧客に対しても、当日の開催情報やイメージを提供することができます。こういったセミナーレポートをWebサイトにアップした後には、ニュースリリースで配信することもできます。セミナー情報を掲載することでコンテンツが充実するだけでなく、自社PRとしても大きな役割を果たします。

コンテンツの充実に繋がる「セミナー報告」のニュースリリースとは タイトルに「セミナー報告」であることを明記

登壇者名などできるだけ情報を記載することで、検索エンジン対策にもなります。

概要とWebサイトへのリンクを記載

いつ、どこで、誰によるセミナーなのか概要を明記し、関心を持った読者はWebサイトへ誘導します。

セミナー開催の実績やテーマなどの情報を加える

過去実績を例に継続開催を伝えることで信頼性も上がります。

講演内容や登壇者について紹介する

興味を持った人に向けて、レポートが掲載されているサイトに遷移させるリンクの記載は必須です。

事業の紹介

シリーズ型のセミナーの場合、会社紹介ではなく、該当部門や事業を紹介します。

「お手本にしたい企業のニュースリリース」
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]