外部コンテンツの活用という視点~他社メディアを使った効果的な情報発信~ | ネットPR.JP

ネットPR.JP - 2014年2月5日(水) 10:03
このページは、外部サイト ネットPR.JP の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「外部コンテンツの活用という視点~他社メディアを使った効果的な情報発信~」 からご覧ください。
cover_netpr_point
潜在顧客と接触するチャンスを広げる

自社メディア(=オウンドメディア)となるコンテンツや公式ブログへの情報掲載は、自社が持つ正しい情報を公開し、能動的に情報を探しに来る潜在顧客との接点を増やすためには重要なことです。しかし、現状では自社コンテンツに訪問する多くが、既存の取引先やユーザーです。潜在顧客に向けて自社の存在を知ってもらうためには、インターネット上へ本当に欲しいと思う情報を掲載し、広く流通させる必要があります。

また自社より発信した情報が、メディア担当者の興味に止まり外部メディアサイトで紹介されたり、個人のソーシャルメディアにリンクが貼られたり、「いいね!」がつき、さらには「シェア」され情報が拡散されることを考えると、その企業の信頼や考え方にもダイレクトにつながるため、常に内容が正しくなければなりません。

能動的に情報を探し出すターゲットに対して正しい情報提供を

一度発信した情報はコントロールできないものだからこそ、発信内容には細心の注意が必要です。例えば、ニュースリリースを活用して発信する場合、記載する情報は必要最低限にまとめて、詳細情報は別サイトのリンクを提供することも可能です。もしも修正の必要があった場合に、自社コンテンツは自由に更新ができるため、即時対応が可能です。未確定の情報を含むニュースリリースの場合、時間差で追って別サイトで情報更新して誘導し、誤情報の提供や拡散などへのリスクヘッジもできます。

一方で、自社に都合の悪い情報を隠ぺいしたり開示しなかったりすると、ユーザーと信頼関係は構築できません。情報の開示がオープンな時代ですから、より多くの人に情報提供する場合、第三者が運営するサイトへの情報提供を積極的に展開していく必要もあります。自社メディアの特性や強みをよく理解した上で、外部メディアやソーシャルメディア、ブログなどをうまく活用して情報発信しましょう。

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

MSNbot
関連語 の「ロボット」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]