良質なリンクを得るには | Google ウェブマスター向け公式ブログ

このページは、外部サイト Google ウェブマスター向け公式ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「良質なリンクを得るには」 からご覧ください。
「どうすれば自然にリンクを張ってもらえるのか」― ウェブマスター ヘルプ フォーラム でよく尋ねられる質問の一つです。このトピックに関しては、さまざまな意見があるせいか、特に経験の少ないウェブマスターの方々の間でいくらか混乱が生じているようです。そこで今回は、Google のウェブマスター向けガイドライン に沿った、良質なリンクを得るためのヒントをご紹介したいと思います。

たとえば、サイトが出来たばかりで、まだあまり知られていないような場合は、そのサイトのテーマに関連するコミュニティに積極的に参加することが、サイトの評判を上げ、良質なリンクを得るのに有効です。フォーラムやブログなどで、意見やコメントを投稿し、参加ユーザーと交流してみましょう。ただし、他の参加ユーザーに対して迷惑となる行為やあからさまなサイトの宣伝ではなく、参加ユーザーにとって有益な投稿を心がけて下さい。そこで評判が上がれば、自然とサイトに人が集まってくるようになり、やがて繰り返しサイトを訪れるうちに、そのサイトにリンクを張る人も出てくるでしょう。また、サイトのコンテンツが、ご自分の専門知識を存分に発揮した、オリジナルで魅力的なものであれば、そのサイトは人に勧めたいと思われるようになるはずです。同様に、役に立つツールをサイト上で提供するのも、注目を集める上で効果的でしょう。

ターゲットとなるユーザー層に価値のあるサイトを提供し、良質なリンクを得るには、他にも、ユーザーが直面しうる課題や問題について考えてみると良いかもしれません。その問題の解決方法を紹介した簡単な解説や動画、または実用的なツールなどが公開されていれば、そのサイトは訪れるユーザーにとって価値のあるものとなり、リンクしてもらえる可能性が高くなります。同じく、オリジナルのアンケートや調査結果なども、有用なものであれば効果があるでしょう。いずれにせよ、このような方法を通じて、サイトのコミュニティ内での信頼性と認知度を高めることができます。そして、サイトの価値に応じて永続的なリンクを得ることができ、さらには固定ユーザーが付くことで、検索エンジンを経由しない直接的なトラフィックが生まれ、より広く知られていくようになります。ちなみに、いろいろな問題の対処法を数多くアドバイスする場合には、ブログを開設すると良いかもしれません。サイトの評判を継続的に上げていくのに役立つことでしょう。

ユーモアという要素も、サイトが良質なリンクを獲得し世間から注目を集める上で、有効な場合があります。というのも、Google バズ やその他のソーシャル メディア サービスが成長を続けている昨今、面白いコンテンツがユーザー間で共有されることがこれまで以上に多くなってきているからです。たとえば、サイトのソース コードにアスキー アートを埋め込んだり、ユーモアのあるダウンタイム メッセージを表示したりと、さまざまな面白いコンテンツが、サイトの知名度を上げるための口コミマーケティングの手法として使用されています。しかし、このような一過性の話題によってリンクを獲得する手法にのみ頼ることは、あまりお勧めしません。たしかにマーケティング手法としては巧妙で有効かもしれませんが、その効果は短期間で薄れてしまいます。このため、長期的な戦略として、または唯一のマーケティング手法として利用するのは適切ではないでしょう。

重要なのは、良質なリンクを得るにはそれなりの時間が必要だということです。時に Google のウェブマスター向けガイドラインを逸脱した一過性の手法を推奨する人々もいますが、もしサイトの評判を重視するのであれば、そのような手法はお勧めできません。たとえば、PageRank に影響するリンクを購入 したり、リンク獲得だけを目的にした相互リンクプログラムに参加 したりする行為は、リンクを集める方法としては不適切で、長期的には、サイトのパフォーマンスに良い影響を与えることはないでしょう。Google のインデックスにおけるサイトの評価を重視するのであれば、なおさらそのような手法は避けるのが賢明です。

ディレクトリ型検索エンジンへの登録も、Google の検索結果において比較的新しいサイトの評価を上げるのに有効であると言われることがあります。たしかに、ディレクトリの中にはテーマ別によく整理された付加価値のあるものも存在しますが、その数は質の低いものと比べるとあまり多くはありません。ですから、もしサイトをディレクトリに登録しようとする場合は、その登録先について、トピックがサイトと一致しているか、管理がしっかり行き届いているか、構成がきちんとしているかなど、確認するようにしましょう。また、大量のディレクトリに登録する行為は、手っ取り早い SEO 手法として紹介されることがありますが、ほとんど効果が期待できないため、あまり有効な手段とは言えません。

ほかには、自分のサイトに応用できそうな要素がないか、他のマーケットの類似するサイトを参考にしてみるのも手かもしれません。ただし、ここでも重要なのは、成功例をそのまま真似するのではなく、自分なりにアレンジを加えて、サイトを訪れるユーザーに独自の価値を提供することです。



ユーザー間でコンテンツを簡単に共有できる
YouTube のソーシャル ブックマーク機能


最後に、技術にさほど精通していないユーザーにも簡単にリンクを張ってもらえるようにする工夫をご紹介しましょう。Google が YouTube 上で行っているように、Twitter や Facebook といったソーシャル サイトのブックマーク機能をサイト上に用意しておくと、よりブックマークされやすくなります。これは評判を得るという点では効果が高く、きっとその評判が世間に広まってユーザーから注目されるのに役立つことでしょう。

この記事について、皆様のご意見をお待ちしています。皆様からのご意見、ご質問は、ウェブマスター ヘルプ フォーラム へお寄せください。

Written by Kaspar Szymanski, Search Quality Strategist, Dublin
Original version: Quality links to your site
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]