ITPがWeb広告に与える影響とは?影響範囲や対策を解説

Web広告業界を揺るがす規制として注目されている「ITP」について、おさらいしておきましょう!
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

多様化する消費行動や特定のユーザーへのアプローチには、Web広告が最適です。しかし、個人情報の取り扱いが世界的に厳しくなり、Web広告の配信に悪い影響を与えています。

特に、Web広告業界を揺るがす規制としてApple社の「ITP」が挙げられます。
今回は、ITPの概要や、ITPが広告配信に及ぼす影響を解説します。

▶ 続きをGrabで読む

ITPとは?

「ITP(Intelligent Tracking Prevention)」とは、Apple社が個人のプライバシー保護を目的として、ユーザーのアクセス情報であるCookieを制限する機能です。


ITPは、MacやiPhoneで使われているブラウザ「Safari」に実装されており、従来の広告運用やマーケティングに影響を及ぼす可能性があります。
日本国内においては、iPhoneの利用者が50%以上を占め、モバイル・タブレット向けにWeb広告を配信している企業への影響が懸念されています。

▶ 続きをGrabで読む

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]