【交通広告・デジタルサイネージ】効果的な使い方とは?

今まで電車やバス車内、駅の中などに設置されている広告をご覧になったことはありませんか?今回はそんな「交通広告」や「デジタルサイネージ」についてご紹介いたします。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

最近よく見かけるデジタルサイネージは「交通広告」のひとつで、主に電車やバスなどの交通機関の車内や、駅構内などに設置されています。

ある調査によると、デジタルサイネージの交通広告費は前年比で約111.9%と伸びが進んでいます。今後はデジタルサイネージを設置する駅や車両が増えることも予想されるため、交通広告を検討されている方には「デジタルサイネージ」がおすすめと言えるでしょう。

今回の「Grab」記事では、デジタルサイネージをテレビCM等と比べた場合のメリットや効果的な使い方についてご紹介しています。

交通広告を検討中の方はぜひご一読くださいませ。

>> 交通広告やデジタルサイネージの活用法

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]