YouTube動画広告の運用指針|目標インプレッション単価の考え方

今年注目されているマーケティング施策のひとつ「Youtube動画広告」。動画広告に力を入れたいけれど、まだ取り組めていないという企業が多く存在しています。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

コロナ禍の今、今まで取り組んだことのない集客方法やマーケティング施策に取り組んでいる企業も多いでしょう。

その中で「Youtube動画広告」に取り組み始めたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今日はそんな「Youtube動画広告」を運用し始めてまもない方におすすめの記事を紹介いたします。

動画広告の運用をはじめて間もない方が出会う初めの壁「目標インプレッション単価」についてです。

今回はインプレッション単価についての考え方や活用方法を解説しています。

ぜひ「Grab」内でご一読くださいませ。

 

>> YouTube動画広告の運用指針|目標インプレッション単価の考え方

 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]