「QRコード決済」シェア争いのマーケティングコミュニケーションの方向性について

「QRコード決済」シェア争いのマーケティングコミュニケーションの方向性について
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

それにしてもなぜマーケティングコミュニケーションなのか?であるが、QRコード決済においてマーケティングコミュニケーションが上手くいけば、たとえ手数料や利用店舗可能数が劣っていても(大きな差がなければ)十分に挽回できる可能性があるという点において重要であると考えているからだ。

また、QRコード決済という新しい支払い方法をどのように評価すべきか利用者自身が適切な基準を持っていない段階だからこそ、マーケティングコミュニケーションが大きな成果につながりやすいとも言える。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]