機械翻訳とAIで英文コピーライティングは可能か

 

機械翻訳の進化、ニューラル機械翻訳の登場

文章を書くという作業は人間の脳を介した考える作業と考えられてきました。昨今はAI技術の導入で、新聞のベタ記事を、AIを使って書く試みも行われているようです。人工知能の書いた文章は人間の書いた文章に代わることになるのでしょうか。

Webサイトの記事やコンテンツにしても英文ライティングと言えば、通常は日本語から英語に翻訳し、翻訳された英語をリライトしていく作業を思い浮かべるのではないでしょうか。ここには、翻訳という工程が入り、翻訳者の言語能力を仲介して英語を発信します。
今までの機械翻訳、正確にはルールベースの機械翻訳RBMT(Rule Base Machine Translation) や統計ベースの機械翻訳SMT (Statistic Machine Translation)では、人による翻訳の方が正確でした。文意やコンテキストを汲んだ理解で用語や文章を訳し分けていくことができるからです。

しかし、

 

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l005_201711.html

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

1組織1ドメイン名の原則
1つの組織に対して1つのドメイン名のみを認めるという原則。「go.jp」(政府組 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]