世界のブラウザ事情 ~日本・アメリカ・中国・ベトナムの違い~

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

突然ですが、皆さんは何のブラウザを使っていますか?

インターネット閲覧には欠かせないこのソフト、IEやEdge、Chromeなど様々な種類がありますが、よく使われているのはどれなのでしょうか。また、世界各国で使われているものに差はあるのでしょうか。そこで、2017年9月時点でのシェアを調べてみました。
(調査にあたっては、StatCounterというサイトを利用しています)

■2017年9月日本のブラウザシェア

一昔前はIEがほとんどのシェアを占めていましたが、今や4割近くをChromeが占めるようになりました。
2位になっているSafariを使用デバイス別に見ると、Safari iPhone16.2%、Safari iPad 3.09%となっています。
iPhone/iPadに標準で搭載されているので、Appleのモバイル製品で使用している人が多いと思われます。
IE/Edgeは合計しても2割程度の使用率で、ほぼWindows搭載パソコンでの利用です。
0.7%の人が使用しているSamsung Internetというのは

 

 

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w003_201711.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]