異なる文化、異なる感覚~日本で目にする英文コピーライティング~

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ネイティブ英文コピーライターへの依頼で、日本の企業が既存の日本語テキストをベースにして英語圏向けにコンテンツを制作したいという際、様々な文化的違いが問題として浮上してくることがあります。ここにいくつかの例を挙げてみることにします。
 

日本語文章は英文コピーに比べて少ないスペースにより多くの情報を盛り込むため、日本語テキストのニュアンスを全て忠実に順守することは、英文コピーを過剰に長く複雑にしてしまう結果になってしまいます。これは、特にヘッドライン(大見出し)によくあることで、通常は短く、キャッチ―にすることで読み手の注意を惹きつけるようにすべきです。物凄く長いヘッドラインや、必要以上に細部に拘泥した本文を書くことで読み手が去ってしまうよりは、英語ネイティブの読者に対してはシンプルで短いメッセージで伝えるほうがはるかによいのです。

日本語文章では........

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l003_201711.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]