グローバルサイトのキャッチコピー良し悪し~第七弾・Future 5~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

東証一部上場企業のグローバルサイトの中から私が独断と偏見で面白いと感じたメインキャッチコピーを抜粋して紹介しております。
たまに辛口評価ですが、未来「Future」に焦点を当ててピックアップしています。
「Future」は、日本企業でよく使われますが、うまく使わないと使い古された感が出てしまうので、難しいですよね。

 

 

株式会社フジクラ 様

Shaping the future with "tsunagu" technology.

まず「誰に向けてのコピーなのか?」という疑問を感じるコピーです。
"tsunagu"というのは「最新技術tsunaguをよろしくお願いいたします!」みたいにして使う、技術の名前なのでしょうか?
多分違います。ただ単に「つなぐ」をアルファベット表記しただけでしょう。
それだと日本語を解さない外国人には"tsunagu"は意味のない文字列でしかありません。
少し英語のわかる日本人向けなら理解できるでしょうが、その場合、英語サイトは不要です。
ある程度日本語のわかる外国人向けなら、不親切ですが、理由によっては正当化されると思います。

例えば、「つなぐ」というコンセプトや手法が日本固有のもので、他国のものと明確に区別したい場合は、「あり」だと思います(もっとも日本固有なら世界と「つなぐ」ことはできないと思いますけど。)そういう意図がないなら下記のように削除したほうがスッキリしていいコピーになると思います。

 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l007_201907.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]