訪日ビジネスを考える~日本のタックスフリー制度(2)~

よろしければこちらもご覧ください

前回、旅行の醍醐味、免税ショッピングについて取り上げましたが、一応このコラムは「訪日ビジネスを考える」ものですので、今回はビジネスとしての視点で、小規模店舗でも、うまく導入する方法について述べてみたいと思います。

 

そもそも、外国人向け消費税免税制度は、対象となっている一般物品および消耗品を扱っていること、さらに税別計5,000円以上の購入でないと免税の対象にはなりません。まず、ここを自分たちはクリアしているのかが前提になります。(執筆時点。)
その上で、対応する人手やシステム導入のコストを鑑みると、1店舗で外国人の免税手続き対応をしていくのは、現実的かというと大きな疑問符がつきます。

そこで注目すべきは・・・

 

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w001_201907.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザーエージェント
ブラウザがWebサーバーにデータを取りに行く際にサーバーに対して自動的に通知して ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]