【英語サイト制作】Contact us…本当に?(前編)英語のお問い合わせフォームを作るとき考えるべきこと

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

お問い合わせフォームによくみられるユーザビリティ関連の間違いとしてResetボタンが挙げられます。

アメリカのWebユーザビリティの世界では15年以上前から例外的な状況を除き、Resetボタンを設置しないことが勧められています。

 

理由は単純で「必要ない」からです。

 

インターネットの利用が一般的になった現在において、Backボタンの存在を知らない人はほぼおらず、わざわざボタンを設置しなくても困ることはありません。自分自身の経験を振り返っても、Resetボタンが必要になったことはありません。

それより、面倒な入力を行った後、最後に間違ってResetを押したときのダメージを考えると、設置を正当化することが難しいのです。
ですから、お勧めは

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l007_201804.html

 

T.N  コーディネーター

    よろしければこちらもご覧ください
    この記事が役に立ったらシェア!
    メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
    メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

    Web業界の転職情報

    もっと見る
    Sponsored by

    人気記事トップ10(過去7日間)

    今日の用語

    検索エンジン
    Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

    連載/特集コーナーから探す

    インフォメーション

    RSSフィード


    Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]