【英語サイト制作】Contact us…本当に?(後編)英語のお問い合わせフォームを作る際、考えるべきこと

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

▼詳しくはこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l007_201805.html

日本の英語サイト

前回、英語圏でのお問い合わせフォーム作成に関する研究についてお話ししました。
しかし、日本人の作る英語サイトの問題はさらに根が深いです。
あえてURLはつけませんが、下の画像は実在するウェブサイトのお問い合わせフォームです。何が問題か分かりますか?
 

前回お話ししたように、リセットボタンが存在することも問題ですが、そこだけではありません。

.

..

...

....

.....

......

答えは、英語サイトなのにボタンが日本語で書かれていることです。
英語しか読めない人がボタンを押す際に日本語のボタンを押すわけです。
こんなことをするなら、まだブランクボタンを設置して、押したらランダムで送信されたりリセットされたりした方が親切な気がしてしまいます。

ちなみに、フォームをまたいで上の方に日本語の「リセット」や「キャンセル」の意味が書かれています。
せめて、ボタンの横に書けばいいのにとか、こんな説明文を書く暇があればボタンを英語にすればいいのに、と考えてしまします。

ここまで来ると、英語で問い合わせが来てほしくないから、わざとリセットボタンを押させて、問い合わせが来ないようにしているのでは、と勘ぐってしまいます。

本当はそのような意図はないと思いますが、問い合わせが欲しいなら不要なResetボタンは削除しましょう。
そして、もし問い合わせが来てほしくないなら、問い合わせフォーム自体を削除したほうが、Resetで苛立つクレーマーを作るよりいいのではないかと思います。

T.N  コーディネーター

    この記事が役に立ったらシェア!
    みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
    • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
    • 事例やインタビューも見逃さない
    • 要チェックのセミナー情報も届く
    • 編集長コラムを一足先に読める
    日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
    みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
    • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
    • 事例やインタビューも見逃さない
    • 要チェックのセミナー情報も届く
    • 編集長コラムを一足先に読める

    Web業界の転職情報

    もっと見る
    Sponsored by

    今日の用語

    グルーポン
    グループクーポンの略称。割り引きクーポンを複数の人が共同購入する仕組みのサービス ... →用語集へ

    連載/特集コーナーから探す

    インフォメーション

    Web担のメルマガを購読しませんか?
    Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

    Web担に広告を掲載しませんか?
    購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

    サイトマップ
    RSSフィード


    Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]