【翻訳】Simplified Technical English Vol.1 ~誰にでも伝わる英語(STE)にはルールが必要~

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 


言葉の違う国の人とのコミュニケーションで大事なことは、誤解なく伝えることに尽きます。
しかし、誰もが1つの母国語を持ちその言語で生活している以上、ミスコミュニケーションも生まれてきます。第2、第3言語として外国の言葉を学んだとしても文化や歴史を含めた理解が難しいことも多いのが現実です。

世界中の地域へ向けて情報発信を行う際に、誤解されることなく目的を遂行することは必須課題です。
これからの時代は、各国の言語を理解した人工知能が通訳を行う時代なので、コミュニケーションも格段にスムーズなものになっていくに違いありませんが、過去の時代はどうだったのでしょうか。

 

世界の多くの国々で、英語は共通言語として使用されています。
コミュニケーションのために使われていた英語が、Simplified Englishと呼ばれるものでした。後に、市場や経済がグローバル化していく中で、ドキュメントのライティングスタイル等に利用されていきましたが、そこでのエッセンスとなるものは、英語が母国語でない人たちに対して正しく、誤解なく言葉を伝えるということです。フランス語やアラビア語を母国語とする人たちが購入した製品を指示通りに動かしているにも関わらず事故につながってしまったり、生産ラインが動かなくなってしまったり、こうしたことを回避させることを目的にした文章の書き方は、

▼詳しくはこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l005_201804.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トラフィック誘導
「トラフィック誘導(traffic sourcing、トラフィックソーシング)」 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]