多言語SNSで世界へ発信~Facebookで多言語投稿する方法とポイント~

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Facebook 月間利用者数が20億人突破

世界中で利用されているFacebook。特に先進国での普及率が高いと言われています。
グローバルに情報を展開するには無視できないSNSで、大手企業もFacebookを運用している会社を多く見かけますね。
https://ja.newsroom.fb.com/news/2017/06/two-billion-people-coming-together-on-facebook/

Facebookは多言語で投稿することができます。

Facebookは1記事を多言語で投稿することができます。
2言語分の原稿を入れておくと、ユーザーの環境によって自動的に表示される言語を切り替えてくれます。
その方法を少し紹介してみたいと思います。
 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w002_201712.html

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

キャッシュ
一度利用したデータなどを、その後また使う場合に高速にアクセスできるような形で保存 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]