訪日ビジネスを考える 訪日アメリカ人を知る (2) ~キーワードは好奇心~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

訪日ビジネスを考える 訪日アメリカ人を知る (1)~アメリカ人は日本を知らない~にて、「訪日アメリカ人は、日本のことをよく知らない」と書きましたが、訪日時に期待することとして、和食、日本酒、神社仏閣、アニメ、ファッション、高層ビル群、歓楽街、富士山など、様々な日本に行ってみたい理由が挙がってきます。しかし、冷静に考えれば、品質差はともかく、ほとんどはアメリカにもあるものです。(富士山や厳島神社など固有名詞のものはもちろん日本にしかありませんが。)
 

では、何故わざわざ日本まで来るのでしょうか?
 

突然ですが、国土交通省国土地理院の調査によると、日本は378,000平方キロの国土で、その27%が可住地面積だそうです。一方、アメリカは9,834,000平方キロの国土で、その75%が可住地面積です。アメリカの可住地面積は、日本の72倍という数値になります。さらに、アメリカの対日本人口比は、約2.5倍ですから、可住地人口密度を単純計算すると、日本は、アメリカの180倍にもなります。数字で見ると息が詰まりそうですね。

一体何が言いたいのかといいますと、「日本の魅力は、集住によって生まれるミックスカルチャー。」だということです。さしずめ、ニューヨークでいえばウォール街の向かいにハーレムとブロードウェイがあるのが日本の都市で、それら異質なものが混ざり合って共存している人と風景は、日本がおそらく世界最大規模でしょう。これらの異質な街の衝突地点が、多様などこにも無い文化を生み出しています。

何やら文化論的なテイストになってしまいましたが(論と言えないほど薄くてすみませんが)話を戻すと、アメリカ人の興味は「自分の好奇心を満たすもの」に向けられおり、それを満たす背景が日本にはふんだんに存在するということです。
言い換えれば、様々な商品サービスが、訪日アメリカ人にとって流行や定番になる可能性があります。

尚、勘違いしてはいけないのは、あくまでも、”自分の”好奇心なので、自身の知識の範囲内で日本アレンジが利いたものに興味があるのであって、全く見たことのないものには、興味よりも回避本能が勝ちます。(和食が好きといっても、結局肉料理だったりするのはそういうことです。)

ということは、

 

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w001_201711.html

N.W プロデューサー

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]