訪日ビジネスを考える 訪日台湾人を知る (1)~鍵は好奇心~

訪日ビジネスを考えるシリーズ、中国人・アメリカ人と過去投稿してきましたが、今回は台湾人について考えてみましょう。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2016年台湾における年間出国者数は、延べ約1459万人で、2017年は1500万人を超える人数になる見込みです。人口約2355万人の台湾が、その5倍以上の人口がいる日本の延べ出国者数とほぼ同じ人数という、ものすごい数値になっています。もちろん、その目的地が日本という旅行者も多く、近年の訪日外客数国別でトップ3の常連でもあります。
2017年の台湾からの訪日外客数は、推定468万人であり、以下のグラフの通り、2011年以降前年比112%~150%の増加を記録しています。

出典:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より

中国、韓国といった訪日数が多い国と比べて・・・

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w001_201801.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

インタースティシャル広告
ページ移動時にページとページの間に独立ページとして表示する広告のこと。スプラッシ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]