【訪日外国人】訪日ビジネスを考える 訪日台湾人を知る (5) ~掌の中の経済~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

台湾の方のテレビ視聴やSNSに関する特徴的な部分にフォーカスしてきましたので、今回はデジタルデバイスのやや俯瞰的な話をしたいと思います。
We Are Social「2017 Digital Yearbook: Digital Data for Every Country in the World」のデータから、アジア主要国・地域のデジタルデバイス接触時間をまとめてみました。

出典:We Are Social「2017 Digital Yearbook: Digital Data for Every Country in the World」

 

これは、日常生活の中で何時間そのデバイスに触れているかというデータで、PCとSmartphoneに関してはインターネット利用時間、TVは視聴時間です。回答者が厳格に認識できているかは不明ですが、ダウンロード済みのゲームや音楽に対する時間は除外されていると思われます。
日本はPCに4時間6分、Smartphoneに57分と、上のグラフの中では最短。一方TVは2時間15分と最長接触時間となっています。仕事の時間も含まれているはずですが、インターネット分野の端っこで仕事をさせていただいている私は、どうやらイレギュラーな存在のようです。

一方の台湾は...

▼続きはこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w001_201805.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]