訪日ビジネスを考える 訪日アメリカ人を知る (3) ~鍵は好奇心~

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

アメリカの年間外国旅行者数は、年間約7345万人。内、日本に訪れる方はそのわずか1.4%です。
旅行消費額としても、年間1147億ドルの内、日本に対して消費されるのは、その1.2%となっています。(いずれも国連世界観光機関発表の2015年度数値から試算)
こうしてみると、日本旅行はアメリカ人にとってメジャーな選択肢とは言えませんが、それでも、日本はアメリカ人の海外訪問先16位に位置しており、アジア圏では、中国、インドに続いて3番手、ここ数年の伸び率ではアジア圏で1位になっており、旅行先として想起、検討される順位は上がっているといえるでしょう。
 

では、何に惹かれてアメリカ人は日本に観光旅行に来ているのでしょうか。


訪日アメリカ人観光客は、20代の男性が最も多く、全体の2割以上を占めています。
男女比は全体で6:4。20代男女で全体の3分の1以上、20代30代で全体の6割を占めます。尚、“おひとりさま”も少なくなく、3割程度います。若い人にとって魅力的な旅行先と映っているようで、さらに自分の趣味や趣向を邪魔されること無く堪能したいという意向もあると見られるでしょう。
 

世代や性別に共通して、日本に来て期待していることの第一位は、圧倒的に「日本食を食べる」ことです。
さぞや刺身や郷土料理など、純日本的な食事を堪能するのだろうと思いきや・・・

出典:観光庁 訪日外国人消費動向調査平成29年7-9月期より

 

結局は、

▼詳しくはこちら
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w001_201712.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]