翻訳会社アレこれ~Vol.19 見積り単価の成り立ちその③~外資系翻訳会社の場合

よろしければこちらもご覧ください

 

外資系の翻訳会社に委託するには、まずその特徴、性質を良く知らなければなりません。
外資系の場合は、その多くがヨーロッパに拠点があるので、日本のオフィスはいわば出張所原稿の受け渡しをする窓口のみで、営業担当とスタッフで5~6名の規模で運営しています。

外資系の翻訳会社に委託する上での最大のメリットはズバリ「低価格」。

基本は発注当日のユーロのレートで違ってくるのですが、
東欧を拠点とした会社の場合で英文1Wあたりの単価は日本の翻訳会社と比べると80~85%くらいの単価になります。
日本で安いところだと英語で1W≒20円くらいなので、外資だとだいたい1W≒17円くらいでしょうか。

また、前に委託したことのある関連案件であれば、
独自に翻訳支援ソフトに前回データが保存されており、過去の委託時データと照らし合わせて、新規(No match)、50-74%、75-84%、85-94%、95-99%、そして流用(Exact match)とテキストの再利用率に応じて単価が割引されるサービスもあるので、毎月のルーティンワークや大量翻訳において、大きなメリットを得ることが出来ます。

稼動の時間帯が日本とは逆なので、夕刻以降で手配がつけられれば、効率よく時差を利用したオーバーナイトで翌朝の納品も見込めますし、急ぎの場合だとクラウドサービスに直接オーダーして翻訳者がつかまれば数時間での対応も可能です。

 

ここまでの説明だと「良いことずくめ」ですが、当然デメリットもあります。

▼続きはこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l001_201901.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザーエージェント
ブラウザがWebサーバーにデータを取りに行く際にサーバーに対して自動的に通知して ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス