グローバルサイトにおけるキャッチコピーの良し悪し

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

最近は中小企業も英語サイトを持つことが多くなってきました。
そこで、一流上場企業のグローバルサイトを見ていて、そこに使われる英文には傾向があることに気づきました。当たり前の話ですが、決定権を持つのが日本人であることが多いので、面白みにかける英文なのです。特にメインのキャッチコピーは、外国人にとっては目を引くものではないものが多く見受けられます。
そこで、ここからは筆者である私の独断と偏見で、面白いと感じたキャッチコピーを使っているグローバルサイトを紹介したいと思います。
今回紹介するのは以下の3社となります。
 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l007_201901.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グローバルナビゲーション
サイト全体で共通して表示されるナビゲーション。 多くの場合、第1階層(大カ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]