訪日ビジネスを考える~相手に「伝わる」ための要件~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

外国人向けのビジネスについて、様々なデータや当社の経験からコラムを執筆してきましたが、ここで一度立ち戻って、品質の高い、伝わる原稿を作るには、どういった要件を満たさなければならないのかについて、まとめたいと思います。

一説には、日本国内には、2,000社を超える翻訳会社があると言われています。もちろん、当社もその一つに数えられるでしょう。筆者自身、こうした多言語周りの仕事に8年ほど携わってきておりますが、元々は国内向けの広告・マーケティング関連の仕事をしており、この業界に入るまでは、「英語?アメリカ人が訳せば、大体大丈夫だろう。」くらいに考えていました。おそらく、多くの方はそうお考えでしょう。でも、この業界に入ってみて、その考えは、良くも悪くも崩れ去りました。

 

「外人(翻訳先の国のネイティブ)が訳せば大丈夫」ではない。

この業界にいると、多くのネイティブの方の訳文に触れます。もちろん...
 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w001_201809.html

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]