WACULとShirofuneが業務提携し、「AIアナリスト」と「Shirofune」のシステム連携開始

WebサイトやLPと広告運用を切り離さず、分析・改善を自動化してマーケティングDXを推進
よろしければこちらもご覧ください

AI(人工知能)によるマーケティングツール開発のWACUL(ワカル)は、広告運用ツール開発・販売のShirofune(シロフネ)と業務提携した、と11月26日に発表した。WACULが提供しているデジタルマーケティングのPDCA(計画・実行・評価・改善)ツール「AIアナリスト」と広告運用自動化ツール「Shirofune」のレポート機能がシステム連携する。

 

ユーザーがAIアナリストに媒体アカウントを連携すると、アカウントの運用状況を自動的にShirofuneが媒体横断で収集・分析し、その情報がAIアナリストに表示される。媒体アカウントの運用状況も加味した上で、AIアナリスト上でWebサイトやLP(ランディングページ)と広告運用の改善提案も表示される。

 

デジタルマーケティングでWebサイトやLPの運用と広告運用の業務は連携すべきだが、従来のSaaSツールでは業務を横断できなかった。AIアナリストとShirofuneがシステム連携することで、これまで決定的なサービスがなかった「WEBサイト解析×広告運用」が提供でき、成果につながるマーケティングDX(デジタル技術による事業変革)を推進する。

用語集SaaS / PDCA / AI / lp
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]