アディッシュがSNSに投稿する前にAIが再考を促すトラブル防止サービス「matte」を開発

投稿を事前に取り込みAIがポップアップでアラート、誹謗中傷などトラブルを未然に防止
よろしければこちらもご覧ください

投稿監視やサポート代行、SNS運用代行などを展開するアディッシュは、投稿者がSNSなどインターネット上に投稿する前に内容を再考するアラート機能を装備したAI(人工知能)検知サービス「matte(マッテ)」を開発し、9月15日から提供を始めた、と同日発表した。不適切な投稿内容を検知して未然にトラブルを防止する。

 


投稿内容をmatteが取り込んでAIが瞬時に判別し、不適切と懸念される投稿の場合はユーザーが投稿する前にアラートをポップアップで通知する。運用しながら収集したデータを基に利用者検証を繰り返し、ユーザーが投稿を萎縮することがないよう最適な内容を提案し続け、継続的にポップアップを最適化していく。

不適切投稿を思いとどまることで否定的な意見に連鎖反応する行為を防ぎ、ユーザー間トラブルを減らす。誹謗(ひぼう)中傷トラブルの社会問題化で総務省が対策を検討する中で、SNSの投稿制限や規制ではないアラートによってユーザーのリテラシー向上を促し、プラットフォーム事業者やサイト運営者は自社サービス価値や健全性を保てる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]