ヤフーがコメントの誹謗中傷対策を強化、深層学習によるAI削除を他社サイトに提供へ

法的・実務的課題を考える有識者検討会を6月中に設置し、共通規範の検討結果を公表
よろしければこちらもご覧ください

ヤフーは、ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」の「Yahoo!ニュース」のコメントに導入したAI(人工知能)による個人への誹謗(ひぼう)中傷投稿削除を強化し、他の投稿系サービスにも提供する、と6月1日に発表した。フジテレビの人気番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレス選手の木村花さんが急死したことを受けた対策強化の取り組み。

Yahoo!ニュースのコメントでヤフーは、誹謗中傷投稿を禁止し、ユーザーへの周知・啓発による事前抑止と専門チームによるパトロール、さらに深層学習を用いた自然言語処理モデルによる検知で対応してきた。記事との関連性の低いコメントや誹謗中傷などの不適切な書き込みを、1日平均約2万件削除してきた。

ヤフーは今後、AI検知による不適な投稿削除を強化。さらに他の投稿系サービスの事業者にも技術提供する方針。問題対処には法的にも実務的にも課題があることから、法律家ほか幅広い分野の有識者による検討会を6月中に設置する。デジタル時代に即した共通規範に基づく解決策を模索し、検討結果を公表する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]