広告運用自動化ツール「Shirofune」が「Yahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型)に対応

「YDN」からリニューアル、ユーザーは内容を把握する必要がなく設定変更なども不要
よろしければこちらもご覧ください

広告運用ツール開発・販売を行うShirofuneは、「Google」「Yahoo!」「Facebook」「Instagram」の広告運用を自動化する同社のツール「Shirofune」が、Yahoo!の広告「YDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)」からリニューアルされた「Yahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型)に対応した、と5月29日発表した。

全ユーザーに移行機能が提供されたYahoo!広告 ディスプレイ広告のキャンペーンへの自動入札機能に対応した。Yahoo!広告 ディスプレイ広告はYDNと違い、自動入札が広告グループ単位までになり、ツールのShirofuneもそれに準じる。機器、エリア、ユーザー属性などの入札調整比は、従来通り自動的に最適化する。

ツールのShirofuneはリニューアルに伴う変更に自動で対応。ユーザーは内容を把握する必要がなく設定変更なども不要で、これまでと同じように運用できる。2019年11月に対応を始めた媒体の入札最適化とShirofuneの予算管理・アロケーション(配分)最適化の併用による自動入札機能も、リニューアルに対応している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]