電通がテレビのスポット広告の新たな購入手法「Effective Spot Planning」の提供開始

マーケティングデータを活用、ターゲットを可視化して効果的なテレビスポット枠利用へ

電通は、テレビのスポット広告の新たな購入手法「Effective Spot Planning(エフェクティブ・スポットプランニング)」を開発し、サービスの提供を始めた、と9月10日発表した。テレビ視聴やサイト来訪などのマーケティングデータを活用。広告主のマーケティングターゲットを可視化し、効果的なテレビスポット枠利用につなげる。

テレビスポット広告枠購入のゾーン(時間帯)設定で獲得が期待されるターゲットの視聴量や広告の効果を推定するロジックを使用する。スポット広告枠の出稿を有効ゾーンに絞った際の購入コストを事前に把握することで、獲得が期待できるターゲットの視聴量や広告効果の獲得効率を確認し、従来のゾーンとの比較・検討を可能にする。

広告効果の獲得効率をあらかじめ確認して広告枠が購入でき、効果的なテレビスポット枠の活用を実現する。近年、広告効果が高い放送時間帯(有効ゾーン)の可視化が可能になる一方、スポット取引は既存の出稿時間帯パッケージの組み合わせが大半のため、有効ゾーンが可視化できても実際のスポット枠購入に生かすことが難しかった。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]