SalesPlus、電通、unerryがメディアプランニングを支援する「TV de Sales+」を提供

テレビCM接触者の来店・購買を計測・分析、人流データと購買データで解析が可能に

電通グループで購買近接点に強いマーケティング・ソリューションのSalesPlusと電通、リアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank」運営のunerryは、テレビCM接触者の来店・購買を計測・分析して消費財メーカーのメディアプランニングを支援する「TV de Sales+(テレビ・デ・セールスプラス)」の提供を始めた、と4月2日に発表した。テレビCM接触者の何%の人が来店・購買したかのフルファネルでの計測ができる。

小売企業の提供する購買データに基づき、購買につながった客層のデモグラフィック(年代・性別)やライフスタイル(単身、DINKS:共働き子供なし、DEWKS:共働き子持ち)が分かる。該当の来店・購買が「テレビCM接触による新規来店・購買なのか、リピート購買なのか」「最後のテレビCM接触から何日後に来店・購買されたか」などの詳細分析も可能。テレビCM接触時間帯別・曜日別の来店率・購買率の計測もできる。

テレビCMは定量的評価の効果計測がしづらく、消費財メーカーは予算配分や改善に課題感がある。unerryとSalesPlusは電通のテレビ実視聴データを用いた統合マーケティング基盤「STADIA」と、unerryのリアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank」がAI推定する全国小売店の来店データ、小売企業が提供する購買データを掛け合わせ、テレビCM接触者の店舗来訪や購買のアップリフトの計測・分析が可能なサービスを開発した。

分析① テレビCM実施に伴う、来店・購買のアップリフトの計測
分析② テレビCMの接触時間帯×来店率
分析② テレビCM接触×来店率(局別)
分析③ テレビCM接触から来店までの日数
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]