電通デジタルがテレビとデジタル広告を統合管理する「MIERO Digi×TV Basic」開始

キャンペーン終了後に最短19営業日で分析結果を可視化、従来の4分の1の価格で提供

デジタルマーケティング事業の電通デジタルと電通は、テレビとデジタル広告を横断した出稿状況を一元管理して統合分析するダッシュボード「MIERO Digi×TV(ミエロ・デジテレ) Basic」の提供を4月4日に始めた、と同日発表した。「ダッシュボード機能を手軽に導入・活用したい」というニーズに応え、2021年11月発表の「MIERO Digi×TV」の基本的な機能は維持して約4分の1の価格で提供する。

「MIERO Digi×TV Basic」活用例

 

広告の統合リーチ・統合フリークエンシー(接触頻度)の算出や、エリア・性・年代ごとのリーチを可視化し、認知獲得やターゲットリーチ獲得施策に活用できる。テレビ単体でのエリア・放送局別のターゲットリーチ効率比較や、デジタル単体でのターゲットリーチ効率の比較や媒体選定、予算アロケーション(再配分)にも活用できる。電通デジタルと電通のプランナーが企業の担当者と共にデータを読み解き、課題解決を提案する。

広告キャンペーン終了後に最短19営業日で分析結果を可視化し、キャンペーン単位のPDCA(計画・実行・評価・改善)を実施できる。なお従来サービスも広告配信後の3営業日で結果が可視化できる「MIERO Digi×TV Real-time」と名称変更して継続する。キャンペーン期間中の見直しなどより迅速なPDCAの実施を必要とする企業向けに引き続き提供し、マーケティング活動の高度化と持続的な事業成長を支援していく。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

オプトアウト
個人情報取扱事業者による個人情報の第三者提供に際して、本人が事業者に対して、その ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]