アドビがIBM、Red Hatと戦略的パートナーシップ、規制が厳しい業界のデジタル変革加速

企業はカスタマージャーニー全体でよりパーソナライズされた顧客体験の提供が可能に
よろしければこちらもご覧ください

米国アドビは、米国IBM、オープンソースソフト事業の米国Red Hatと戦略的パートナーシップを結んだ、と7月22日発表した。規制が厳しい業界のデジタル変革の加速と、リアルタイムのデータセキュリティー強化支援が目的。企業は、カスタマージャーニー(顧客の購買までのプロセス)全体で、よりパーソナライズされた顧客体験が提供できるようになる。

3社は、企業のコンテンツと資産の管理・配信システムをさまざまなクラウド環境で構築できるようにする。アドビの企業向けデジタル顧客体験管理ソフト「Adobe Experience Manager 6.5」をRed Hatのコンテナプラットフォーム「Red Hat OpenShift」上で認証して提供。IBMは企業のクラウド環境そのままに顧客データの保持、アクセス、活用を実現する。

さらに、Adobe Experience Managerの提供範囲をIBMの金融サービス対応パブリッククラウドを活用して金融業界に拡張。パーソナライズされた顧客体験を企業が提供する際、最高のセキュリティーと規制要件が満たせるように支援する。3社はパートナーシップによって企業のエンゲージメント(関係・信頼性)、収益性、ロイヤリティ(愛着心)の向上を促進する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]